欠けてゆく月
2008 / 05 / 30 ( Fri )

女子アナの川田亜子さんが自殺、というニュースを聞いて 幾日かたちます。

私は TVを殆ど見ないので、顔も名前も知らなかったのですが
ネットのニュースで彼女のブログがリンクしてあり それをナニゲにクリックしました。

女子アナ・・・というと、 あまりいいイメージをもっていなかったのですが、
彼女のブログを見ていて ずいぶん印象が変わりました。
報道番組に携わりたくてフリーになったこと、
出身地の愛する金沢のこと、
学生時代からの友人との気のおけない楽しい時間、
頼もしそうな2人の兄弟の写真、
選ぶ言葉にも 彼女の誠実な人柄がにじみ出ていました。
日々の充実ぶりを伝える内容が 次第に揺れを見せ やがて更新が迷走していく・・・。
ブログは・・・何と言うか、  本当にリアルですね・・・。

・・・誰もが思うことだろうけれど、
なんとかならなかったのかなぁ・・・と残念でなりません。
あんなに美しく成長した亜子さんを失ったご遺族の悲しみを思うと 
胸塞がれる思いがします。
きっと理由はひとつではないんでしょうし、
あの聡明な女性がまっすぐに死へ向かってしまうほど 
色んなことが積み重なっていたんでしょう。
色々と理由探しに躍起になっているところもあるようですが
人の心が折れてしまうというのは、 そう単純なことではないでしょうし。

ただ、漠然と、 人に疲れる・・・ ということはあるかもしれないとは感じました。
フリーになって、また、仕事の性質上 難しいことなのかもしれませんが、
時には、勇気をもって 「 義理を欠く 」 ということが、
ひょっとしたら必要だったのかもしれない。
また、これも仕事の性質上やむを得ないことなのでしょうけれど、
不規則な睡眠も気になりました。

5月21日の彼女のブログのタイトルは 「 眠れぬ夜に 」
誰にともなく 「 今宵の満月が見えていますか?」 と、問いかけて
”徒然草” を引用しています。


  「 花は盛りに 月はくまなきをのみ 見るものかは 」 
                                           ( 兼好法師 )

  花は盛りの時のみ、月は曇りなく輝いている時のみを見るものであろうか、
  ( いや、そうではない・・・ )


私もあの夜の満月は見上げていました。
しかし、そんな想いを抱えて月を見上げている人がいるとは 夢思わず、
胸つかれる思いです。

      


今日の東京の天候は、時折小雨のぱらつく曇り空。
明日は終日雨だそうです。
除湿機はもう フル回転です。
梅雨や暑さのない、北海道の方が羨ましい~。
日によって温度差の激しい不安定な気候が続いていますが、体調ご注意くださいね。
では 463


スポンサーサイト



13 : 28 : 22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |