年暮る
2008 / 12 / 30 ( Tue )

今年も残すところあと1日。
きっと皆さんお忙しくお過ごしでしょう。
こんな時に私は一体何をしているのか・・・。
それは 年賀状書き~~!
まだ終わんないよ~! 
あぁ~、もっと早くとりかかるべきだった~と、毎年思ってんの。
懲りない自分がイヤになります。はい。

先日、お正月休みの間に読みたいと思っていた本を探しに書店へ行きました。
で、やたらと目についたのが 「 泣ける△◇・・・ 」というフレーズ。
以前から、なんとなーく違和感を感じて気障りではあったのですが、
その書店では、手書きの、本の紹介が そればっかり。
「 泣けるコーナー 」までありました。
ヘンなの。
お正月からそんなに泣きたいのかよー!と思いつつ、
過去に自分が大泣きした作品を思い出してみたりして。


子供の頃に読み、今でも何かの拍子に思い出し、
その都度本気で泣いてしまうのは、シートン動物記の中の 「 狼王ロボ 」。
あぅぅ~、 今もウルウル~
ワイフ、ビアンカの遺体を取り戻すため、
四方八方から自分を銃が狙っている事を承知の上で、白昼堂々と現れるロボ。
情愛深く、命よりも誇りを重んじる彼。
童話などで、狼は悪者と刷り込まれているけれど、それは間違い。
狼はとても頭脳的で、かつ情愛深い生き物なのに。

伊藤左千夫の「 野菊の墓 」、ゴールズワージ「 林檎の樹 」に「 忠臣蔵 」。

映画では、山田洋二監督、松坂慶子主演の「 椿姫 」。
彼女の美貌が先に目についてしまうからか、
演技を評価する声がかすんでしまうけれど、ホントにいい女優さんだと思う。
雪の中、待ち合わせの場所へ向かう場面は夢のように美しい。

そして 松本清張原作、加藤剛主演の 「 砂の器 」。
・・・これは泣いてぐちゃぐちゃになっちゃって、ハズくって映画館から出られなくなり、
入れ替えがなかったため 何度も繰り返し観るハメに・・・。
あの劇中の「 宿命 」という曲がふと頭の中を流れると、
もう条件反射でナミダ~!・・・という体質になってしまいました。

あとは、ロバート・テーラーとヴィヴィアン・リーの 「 哀愁 」に「 ドラえもん 」。

漫画では萩尾望都さんの 「 訪問者 」。
・・・これはもう、突き抜けている。 一体何年構想をあたためてこられたのだろう。
私にとっては宝石のような作品。
「 神様に許される家の子供になりたかった 」
・・・このオスカーの言葉は・・・!(涙目)

ざーっと思い浮かんだ作品をあげてみたけれど、「 もう疲れたよ、パトラッシュ・・・。」


え、 ビアン物がまるでない?
・・・そうでした。 これはビアンブログでした。
ビアン物をあまり観ていないのかもしれませんが、とりあえず私はビアンです。

「 Lの世界 」もろくに見てはいないので、大きなことは言えませんが、
私のイチオシ ビアン映画は (泣けるものではないけれど)、「 制服の処女 」でーす。
1931年のドイツ&フランス映画。
もちろんモノクロの かつかつトーキー。
あ、 ふざけてんのか!って怒られちゃいそうですねー。
( 実はそうかもしれません、笑 ) 

女学校物の金字塔とか言われてますが、
それだけでなく、時代や政治と絡んでいて結構奥深い。
教師役ドロテア・ウイークの語る目と、「 マヌエラ 」と少女を呼ぶ声に萌えました。
あの髪をほどきたい。
なのに、うんもー、ストイックなんだからーって思うんだけど、それがいいのかもね。


          制服の処女ポスター



今年はあなたにとってどんな1年でした?

私はおかげさまでブログを始めて結構楽しい年になりました。
お付き合いくださった方、どうも1年ありがとうございました。
また来年も どうぞよろしくお願いいたします。

思わず不安になってしまうような文字が新聞紙面に踊っていますが、
来る年が良き年でありますようにと祈りつつ・・・

どうぞよいお年をお迎えください。

 

スポンサーサイト



15 : 15 : 59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
Merry Christmas !
2008 / 12 / 23 ( Tue )

         2008,

  
   Merry  Christmas

 I wish you a merry and happy Christmas !
                                                                 
                                          With love.
    

                                                Vesper

  


       

21 : 00 : 08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
今年最後の満月の夜
2008 / 12 / 12 ( Fri )

月を見ながら帰ってきたよ。
今夜は見事な満月なんだ。

Full  Moon  Time  は 日付が変わった頃なのかな。
今年最後の満月だよ。


今日は風もなくて暖かい1日だったね。
青い空と 銀杏並木の金色の落ち葉の絨毯がきれいだった。

でも明日から曇り始めて、あさってには冷たい雨になるらしい。
気温も一気に下がって いよいよ本格的な冬が始まるね。

風邪 ひいてない?
無理は禁物だよ。
がんばりすぎないようにね。
温かいものでも飲んで 体を冷やさないで。

・・・でも 高熱で熱い君の唇も好きだけど。

月を見過ぎてはいけないって言う人もいるよね。
だけど今晩は 気がすむまで見てるつもり。
月明かり、月影、 そして君。


なんか そんな気分でさ。

 

 

       

21 : 39 : 03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
想い出は・・・
2008 / 12 / 12 ( Fri )

韓国通の知人に頼んでいた歌詞の訳がきたので、予告どおりTubeとともにupしまーす。 



      



< 想い出は愛に似ている  >



胸の中を吹き抜けてゆく  君という風が
いつも 私の心を揺らして
想い出だけを残していくんだね

私は道に迷ったよ  いつも君ばかり見てたから
ただの一度も疑わずに ここまで来たけど
君のいない 知らない道にとり残されている

持ち去って欲しかった 良い記憶も
私には重荷になるばかり
ふと思い出しては 恋しさが募り 
また帰り道の途中 足が止まってしまう
 

想い出は愛に似ていて 私は振り返ってばかりいる
そこにはまだ君がいて
だからつらい
君も私を思い出しているだろうか 
今日も待ってしまう


私はどうしたらいいのかな 
いくら君を忘れようとしても
少しも遠ざけることができなくて 
毎日同じように
変わらない気持ちのまま生きている

何を見ても 君が浮かぶ
私を見ていた瞳が頭から離れない
目を閉じて 消そうとしても
閉じた唇が震えて  
我慢していたのに涙が流れてしまう


ある日 振り向いたときに 君がいたら
私はどうしたらいい 
何も言えない私のこと分かっているだろう
 

思い出は風に乗って 散らばっていく
泣いても 知らないふりをして捨てようとしても
忘れることができない
 
君を今日も待ってしまう
私のことよく分かってるだろう

 

・・・なんだかこの時期特に こういう歌詞って・・・
とーってもタイムリーに効いちゃうんですがー・・・。263
きれいな曲なのに、実はこんな悲しい歌詞だったのね。 (涙目~!)
あぁぁ~~!
やってらんないよ~! 

なんて浸るのもこのへんにして、
先月下旬に出たMVでーす。 

 

    


ちょっとグロテスクなところもあるMVですが、
そのぶん彼の美しさが際立っているかも。

まだ少し痩せてるかなー。
焦らずにコンディションを整えて、またその歌声で魅了して欲しいと願ってるよ。

 

こんなことやあんなことをやっているうち、ハッと気付けばもう12月も半ば!
なんだか何をやっているのかよく分からないけど 忙しいじゃないですか。
また今年も押し迫ってから 年賀状・・・!( はぁ~・・・)

どこか静かなところで のんびりしたいなー、なんて思っているこの頃です。
みなさん、お風邪にご注意くださいね。
では!

 

 

00 : 05 : 27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
師走の街
2008 / 12 / 04 ( Thu )

なにかと気ぜわしい12月。
賑やかで、華やかで、ちょっと物悲しい最後の月。

リニューアルした和光の変わらない外観に安堵しつつ、
歌舞伎座の建て替えを惜しく思う。


     WAKO,     2008、ミキモト・クリスマス



思わず足を止めて見入ってしまうような、美しくディスプレイされたショーウインドウ。
クリスマスプレゼントを選ぶ人。
のぞきこむ人は どんな人に贈るのかな。
皆 微笑して幸せそうで、こちらの気分まで浮き立ってくるよう。

この時期 道行く人は足早で、
ナゼか迷いなくどこかへ向かっているような気がしたりして。

吐く息の白い師走の街、
華やいで、そしてちょっと切なくなりました。

 

23 : 48 : 08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |