新聞のコラムより
2009 / 01 / 28 ( Wed )

慌ただしくて読みそびれていた新聞を整理していて、
ふと 潮匡人氏のコラムで目が止まってしまいました。

タイトルは 「 NHKが考える性のありよう 」

先ずはじめに 1月放送のNHKスペシャル「 女と男・最新科学が読み解く性 」の概要を、
「 男女の違いは性器だけでなく、脳や寿命にまで及ぶ 」
「最新研究を通して、医学や教育などで始まっている男女差に注目する
 新たな潮流 」と紹介し、
シリーズの今後を楽しみにしているとされる一方、一抹の不安が残ると懸念を示されています。

それはナゼか、
NHKが「 性のありようをもう1度考えてみる 」
「 LGBT特設サイトー虹色 」を掲げているから。

以下引用
 LGBTはレズ、ゲイ、バイ、トランスの略。
 「 いろんなセクシュアリティーの形や価値観が社会にはあります。
 境界線がなくて、少しずつ違っていく色、性ってそんなイメージかもしれない。
 だから”虹色”と名づけました。 」とNHKは公言する。
 以上は、教育テレビの人気番組から生まれた。
 不遜なリベラル思想教育を、公共放送が「 特設 」で担う。
 なぜ( 拙者新刊以外 )誰も問題視しないのだろうか。
 人間は男か女に生まれる。
 性別は選べない。
 被造物の分際で性の「 境界線 」をなくすなど、不遜な冒涜であろう。
 「 進歩派 」を気取るなら「 最新科学 」も学ぶべきだ。
 せめて自局の番組は見てほしい。         
・・・・・と結ばれています。

う~ん、 もっともだと部分同調するビアンな自分をどう考えたらいいのだろう。(笑)

確かにこの何年かのNHKは、自局が公共放送だという立場の弁えがない。
さすが民放ではなくNHKならではだと、賞賛をおくりたくなるような番組がある一方、
一体どこの国の国営放送だと、 思わず目を耳を疑うような番組もある。
どう考えても左傾化の感は否めない。
やはり公共放送の、しかも「 総合 」ではなく「 教育 」で、
さらに「 特設 」として扱うのは、問題視をされても仕方がないと思う。

私自身、行き過ぎたジェンダーフリー教育にはとても賛同できないし、
性差は歴然とあると思う。 
ただ、当たり前だけど、だからといってLGBTを否定するつもりは全くない。
 たとえ自分がビアンでなかったとしても。
脳に性差があったって、個人の性は多様なのだ。

両性具有の体で生まれてくる人もいるし、
体と心が異性の人だっている。
私自身の事を言えば、男性に友情以上の感情を持つ事はできないし
恋愛の対象は女性以外ありえない。
(注・女性とみれば見境なくハァハァ言ってる訳ではないので誤解しないでくださいねー。)

巷間よく言われることだけど、男性不信になるようなことがあったわけでもないし
寧ろ友人は男性の方が多いかもしれない。
だけど女性と話していて、ふとその他愛ない会話がとても心地よく思えてきて 
いつまでも聞いていたくなったり、
笑顔を見ると、まるで花がこぼれるように美しく感じて意識が遠のいたり、
なんでもないところに イケナイ衝動を覚えたりする・・・、
コレって普通の恋の始まりと同じでしょ?
どうして対象が女性なのか自分でもわからないけど。

潮匡人氏、同世代の若手の論客。
確かな目線で切れ味鋭く、いつもコラムが楽しみだ。
きっとアタマのてっぺんから足の先まで「 男の子 」って感じなんだろうなー。
ズレがなくってうらやましい(笑)。

最新科学で脳の性差を読み解く・・・
でも、脳の80%~90%はまだまだ未知の世界。
これからのさらなる研究で、
ひょっとしてもっと先の最新科学でいつか納得できる解明がされるかもしれませんね。

ただ私は、恋は理屈じゃなくて天の采配、運命のマジックだと思っているんですけどね。415

 

みなさんバレンタインデーの準備はいいですかー?
まだの方はお早めに~!(^v^)

ではまた!

スポンサーサイト



19 : 46 : 29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
逆転勝訴
2009 / 01 / 24 ( Sat )

                     パク・ヒョシン

 

韓国歌手パク・ヒョシン(28)が損害賠償訴訟で逆転勝訴!

ソウル中央裁判所第23民事部(イ・ジュンホ部長判事)は、
音盤流通会社パンタムエンターテイメントが
パク・ヒョシンと前所属事務所である(株)インターステージを相手に、
音盤流通契約違法だとして9億1,000万ウォンの損害賠償を請求する訴訟を起こしていた
この判決でインターステージは、パクに対する請求を棄却し、
9億1,000万ウォンと慰謝料を払うことを命じられたと
パクの代理人であるエバーグリーン法律事務所が明らかにした。

パク側は被訴当時、
「インターステージに対しては、パンタムと共に音盤流通契約書を
締結すると同意した事実はない。
音盤流通契約書の書面にある捺印も他人がしたものであり、
インターステージに代理権がない以上は、
音盤流通契約書による責任を負担しない」と主張していた。

                             ( 23日  Yahoo  Japan  News )


23日午前に判決が出たそうです。
久々にスッキリしました。
けれど、一番ホッとしているのは やはり本人ですよね。
今日はもう 何もかも忘れて祝杯をあげてほしいですね。
きっと 今まで頭の上に常にあった暗雲が晴れたような思いじゃないでしょうか。
とりあえず心も体もゆっくり休めてほしいなぁー。

「 雪の華 」があんなにいい歌だったなんて彼の歌を聴くまで思わなかったし(笑)、
Eric Benet の歌だって、彼の歌の後に聴くと
なんだかサバサバして味気なく感じてしまう。

あの声、表現、あの情感、・・・
「 神から賜った声 」とか「 生きた伝説 」の形容は
まんざら大げさなものではないように思えています。
もちろん相当な努力の賜物なのでしょうが、
時折感じる そこから先のプラスアルファは 努力だけでは手が届かない域なのだから。
創作面でも非凡なものを感じるし、
やはり彼は音楽の神様に愛されている存在だと思う。
でも、だからこそつきまとうある種の不安、
一番強いハイライトのすぐ際に 一番濃い影が添うことを、
ふとどこかで意識してしまう。

やはりアーティストにはいろんな意味での自由や盾が必要だ。
私がメディチ家だったら 後援の名乗りを上げるのになぁー(笑)。


品切れや、流通停止だとかで、
入手しにくいCDを揃えるまで 手こずらせてくれちゃって、
大久保のコリアタウンまで行ったワタシ。
なぜか知人へのお土産で、キムチなどを買って帰ったよなー。(遠い目)
その韓国通の知人は今、
歌詞の訳を私にせっつかれて忙しそうだ。 かわいそうに (^v^)

なにはともあれ、新年早々幸先の良いスタートがきれてよかった。
ゆっくり憩って、焦らずに英気を養って欲しい。

おめでとう!

 

12 : 40 : 25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
大寒
2009 / 01 / 20 ( Tue )

今日1月20日は大寒。
そう、20日・・・、 えぇ~、 もう20日???
ついこの間年が明けたばかりのような気がするのですがー。
時の流れは意外と早いですね。
1月は行き、2月は逃げ、3月は去るんでしたよね、確か。

もうじき 米国ワシントンでオバマ新大統領の就任式。
47歳の若き黒人の大統領が誕生するとは、
少し前まで誰も予想すらしていなかったのに。
200万人の人出が予想されているそうです。 スゴイですね。
けど、深夜に始まる就任式や就任演説をTVで見ようという気力はないなぁ。
極東政策において、どうも軸足を中国に置いているような気がして、
あまり期待を持っていないのが正直なところで、
・・・いい意味で予想を裏切ってくれればとは思いますけどね。


ふと見かけたポスター。
海老蔵さんの「 弁天小僧 」、やんちゃそうでいいなぁー。
コレ観たいー、と思ったけれど、時間がない~(涙)。

新橋演舞場で27日(火)までだそうです。

 

        海老蔵・2

詳しくはコチラ ⇒ http://www.shochiku.co.jp/play/enbujyo/index.html

行かれる方はお早めに!

 
      

風邪が流行っているようですね。
明日からは天候も崩れて 冷たい雨になるようですし
みなさん体調管理にお気をつけてくださいね。

このブログで私が知る限り、一番若いゲストさんは中学生。
他の学生さんもちらほらと・・・。
こんなところで遊んでないで(笑)
万全のコンディションで受験に臨んで 合格を勝ち得てくださいね!

頑張れ!

ではまた!

 

 

23 : 54 : 10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
謹賀新年
2009 / 01 / 04 ( Sun )

                              武者絵の凧

  476あけまして おめでとうございます!476


昨年はいろんな方と知り合えて、おかげさまで楽しい1年を過ごす事ができました。
通りすがりに軽く片手でハイタッチ、そんな心地よい印象が残り
ネット社会もいいもんだと思いながら 行く年を見送りました。

昨年末から東京は雲ひとつない好天に恵まれていますが、
天気予報を見る度に、雪や地震、各地の気象が気にかかり
ふとそちらにお住まいの方のHNが頭に浮かぶようにもなりました。
これも私にとっては変化のひとつです。

円高の海外旅行、帰省、登山、日頃蓄積した疲れを癒す寝正月、
皆さんどんなお正月を送られたのでしょう?

毎年の事ですが都心部の道路は あの渋滞がウソのように車が少なく、
もうガラガラでほぼ独占状態。
好きな曲を流しながらハンドルを叩いて大歌を歌い、
調子に乗って 道幅いっぱいにちょっと蛇行でもしてみようかという
気になったりもするほどの開放感。(オイ
景色のいいお気に入りのスポットに止めて
温かいコーヒーを飲みながらひと時過ごしたりしました。
こんな時間が欲しかった。
深呼吸をしたような気分です。

もう明日から日常が始まる方も多いんじゃないでしょうか。
今年はどんな1年になるのでしょう。
そして来年の今頃は何をしているのでしょうね。
年が明けたばかりで来年の事を言うなんて鬼が笑うよと言われる方もいらっしゃるでしょう。
是非 お正月らしく鬼と一緒に大笑いをしてみたいものです。
ただ、鬼のみなさんも来月の節分の準備で忙しいみたいですけど。


この年が あなたにとって幸い多い年になりますようにお祈り申し上げています。
そして今年もスローペースの更新になってしまうかとは思いますが、
どうぞよろしくお願い致します。

これから寒さも本番、おカゼにご注意くださいね。
タチの ( ・・・変換したらこうなるの。 深い意味はないの!)
悪い風邪が流行っているようです。
お気をつけてくださいね。
ではまたー!


15 : 15 : 58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム |