2009年・春・上野
2009 / 03 / 22 ( Sun )

どうしようかな・・・、とは迷ったんですよ・・・。
3日連休の中日、天候は晴れ、おまけに学生さんは春休み?

混むなと言う方が無理だってことぐらい 分かってはいたんだがあああー、
他に時間がなかったんだよー!

・・・ということで、行ってきました、上野の国立西洋美術館 「 ルーヴル美術館展 」。
副題は、”17世紀ヨーロッパ絵画”。

( 六本木の国立新美術館で3月25日( 水 )から開催される 
  「 ルーヴル美術館展 」の方の副題は、”美の宮殿の子供たち”。 )


           ルーブル展 


やはり、みなさんのお目当ては、
フェルメールにレンブラント、ルーベンスあたりなのでしょうか。
幾重にも重なった人のアタマの隙間から、かすかに立派な額の端が見えたような気が・・・263

そう、狭い空間で密度が高いと 動物は凶暴になるんでしたよね・・・。
ま、 あとに残ったのは、ささくれ立った気分と、
とりあえず行くだけは行ったんだ!・・・というワケわからん達成感でしょうか・・・。

展覧会公式サイトはコチラ ⇒  http://www.ntv.co.jp/louvre/

「 ルーヴル 2009 」ポータルサイトはソチラ ⇒ http://www.louvre2009.jp/index.html

 

・・・そして、やっぱりやってくれました。 
なんだかんだ言って、実は結構期待していたのかもしれませんワタシ♪
何って・・・そりゃあー会場出口で待ち構えている、常軌を逸したグッズコーナーですよ。

( 副題 )、名画鑑賞の後の知的興奮を一気にクールダウンさせるこの商魂!
「 お願いだから や・め・て! 」 コーナーでーす415
ジャーン!

           ルーブル展オリジナルバッグ      ルーブル展オリジナルグッズ

モヤ~っとした春らしいトリコロールカラーに、
これでもか!という程大きなルーヴルのロゴ。
う~ん、 
コレがパリのエスプリ、・・・なのか?

 画像にはありませんが、なんと同じカラーのもございます!
布製バッグ 12000円、 同じく布製ペンケースは なんとオドロキの10000円!
この不景気な時に、結構強気の商売でございます。
売り切れ必至です。
お買い求めの方はお早めに!
かく言うワタシも あまりの小バカのされかたに 思わずクラっと錯乱し、
とにかくください!と、危うくホイホイ言ってしまいそうになるところでした。(^v^;)

ちなみに、この画像を写メしていたら、売り子のキツめのお姉さんに
やめろと注意されてしまいました。
しかし、全国の購買意欲に燃える方々のため ここで怯むワケにはまいりません!
使命感をもって
「 買われるかどうか聞きたいんですが。」 ・・・と言うと、
「 あ、そうですか。 どうぞどうぞ~。」 と声音も表情も180度の転換をしてくれました。
ウーン、そういうお姉さんって好き!

館外の軒下辺りにはナゼか コロコロと色鮮やかなマカロンの出店があり、
近くにあるロダンの 深刻な”考える人”との対比が これまた印象的で・・・。


2009年 国立西洋美術館 「 ルーヴル展 」、
もう、美術展を鑑賞しに美術館を訪れているという本来の目的を、
完全に見失っているvesperがお伝えしました。

6月24日まででーす。




他にも現在開催中、
もしくは これからの楽しみな催しの記事をupしたいところなのですが、
とにかく 眠くて意識が飛んでいるので、また次回!

ではでは!

 

スポンサーサイト



01 : 23 : 06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
| ホーム |