白峰
2009 / 09 / 19 ( Sat )

もう過ぎてしまった催しなので焦ってupしなかったのだけど、
先月 目黒の雅叙園で「 辻村ジュザブロー 」さんの人形展がありました。

雅叙園の百段階段と、それぞれのお座敷に展示された人形たち。
「 辻村寿三郎 × 百段階段展 」
暑い盛りに出かけてみました。

いろんな場面でジュザブローさんの活躍を目にする事はあるけれど、
とても70歳を越されたとは思えない エネルギッシュなその創作意欲!

こうした展覧会を見るのは私は2度目かな・・・。
1度目はずいぶん前、「吉原」をテーマにした展覧会でした。
花魁道中などが再現されていて、印象的なジュザブローさんの歌もまだ覚えています。


「 決心の潔さ  吉原の心意気 」


今回のテーマは「 雨月物語 」 から 「 平家物語縁起 」、白峰。


      090826_1753~0001   百段階段との相乗効果で迫力倍増・・・!

       

たまたま日柄が良かったのでしょうか、 館内では結婚式が多かった。
ウエディングドレス姿の花嫁が 新館吹き抜けの階段で
ひっきりなしに写真を撮っていました。

また、ちょっと驚いてしまったのは、ブライダルサロンの光景。
奥まったところにあるのではなく、1F通路沿いで、
まるでカフェと勘違いしてしまいそうなオープンさ、そしてカジュアルさ。
あやうく入ってしまうところでした~。 (^^ゞ
結構広いスペースでしたが満席でした。

黒いスーツ姿の若~いブライダルコーディネーターが
披露宴などのパンフレットを片手に説明をしている席は3人がけ。
・・・ 近頃は親はいないのね。

人でごった返しているこの光景を見る限り、少子化なんてただの杞憂?
・・・とすら思えてしまうほどの盛況ぶりでしたよ―。

しかし、なかなかオモシロい光景ではありました。
女性たちは意識し合い、男性は人の花嫁をそっとチラ見。
新生活をスタートする前から、すでに比較の火花は散っている。

学歴、職業、年収、資産、もろもろ諸条件 ・・・そんなものが浮かんできそう263
あー、 大変だな~。
これに子供のお受験などが加わると、さらにヒートアップすること必至。
ふと音羽の幼稚園児殺人事件を思い出してしまいました。
あ、人様のハレの門出に縁起でもない!と叱られてしまいますね。m(__)m


しかし、昨今の婚活戦線 ( ・・・! なんという言葉! )は
就職活動市場にも劣らぬほど激しく厳しいとか。
書店には 臆面もなく ”婚活成功” へのノウハウ・マニュアル本が並び、
「 攻めの婚活 」とか「 ダメな男性を見抜いて婚活で勝利する! 」(アハハ)
とかの言葉が踊っている。

息子さんがいらっしゃる方は結構ムカつくのではないかなあ。
手塩にかけた愛息が、計算高い女性に・・・って。
内気でシャイな草食系男子とやらは、
こうして肉食系女子に狩られていくのでしょうか?(笑)

しかし、一体この中の何組が添い遂げ・・・ればいいってものではないかもしれないが、
お互いをかけがえのない存在だと認識しつつ 人生を共にすることができるのかな・・・。
確立は低いと確信してしまうのはナゼなんだろう?


そこでふと、この芋の子を洗う状態( 失礼 )のブライダルサロンに、
ごく自然にゲイやビアンのカップルがいたとしたら・・・、と想像してみました。

・・・すると、とたんに柔らかく温かいシアワセオーラがあたりを包み、
関係ない通行人の私まで思わず祝福を贈りたくなるような、
そんな気分になってしまったりするではありませんかああー!420
それは・・・・・ナゼ? ・・・・・ やっぱ私がビアンだから?
そればっかじゃなくってー、
そこに、お互いへの気持ちだけで越えてきたものがあるからじゃなーい?  (違う?笑


たまたまふと、そんな光景を思い浮かべてみただけだけど、
いつかそんな時代が来ればいいなー266

実際、現実はと言えば、ブライダルサロンを訪れただけでドン引きされ、
「 えー、ちょっとお待ちください~?」 なんて困惑した表情で言われて
スタッフ同士でゴソゴソ・・・、
まるで珍獣かなにかを見るような不躾な目で見られ、
挙句の果てに 「 コチラではそのようなお取り扱いは・・・」 とくるんだよなあー。

法的な効力はなくっても 結婚証明書を発行してくれたりとか、
ごく自然にそうしたセレモニーの行える場所があったとしたら・・・
結構需要はある・・・?
・・・え? 私? ・・・誰も聞いてないけど・・・私?
好きな人と結婚できるとしたら・・・?
もう 毎月行って誓っちゃう~~~2 (^O^)/ 
・・・いや・・・、ちょっと考えたけど、 それではあまりに大人げないので
年に1度、毎年同じ日に ・・・ということで落ち着きたいと思う。
ぜんぜん落ち着いてないかもしれないけど。



( あ・・・、また話がとんでもない方向に展開してしまった・・・。
  つい楽しくなってやった。 今は反省している。 )

話をぐーっと戻して・・・、
えーっと、なんだったっけ?・・・そう!人形展と婚活!

そう、婚活・・・、
女性は子供を産み育てる性だから、
安定を求めるのは至極当然のことかもしれないけれど、
世間的な勝ち負けや、 計算が先立つようではシアワセは続かないと思うけどなー・・・
条件って変わっていくし、 人生にアクシデントはつきものだから。
それよりもただ、自分の本当の心の赴くままに・・・、
世界で1番好きな人と、誰よりも近く 同じ時を重ねたい、・・・とか?
そうあって欲しいなあと願うワタシは・・・やっぱ甘いのか・・・? (ーー;)


家族のために吉原の苦界に身を落とす、
ジュザブローさんの歌う 女性の潔さ、心意気、
そんな女性もいたのにね、

あまりに対照的でありました。

 


風もひんやりと心地よくて、いい季節になりました。
この秋は 結構忙しいんですよー。
楽しみな催しが続くんです ♪
またなるべく早くうpします~。

インフルエンザにご注意くださいねー。

ではでは♪

 

スポンサーサイト



10 : 24 : 52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |