泣かないで
2010 / 02 / 28 ( Sun )

おそらく日本中の人が彼女の涙に胸を痛めたんじゃないだろうか、
一夜明けての記者会見で
いつものあの笑顔を見ることができて少しホッとした。



           浅田真央1



競技の採点に割り切れないものを感じた人は少なくないと思う。
美しくまとめたけれど堅実に大技を避けたキム選手と、
ミスはあったけれども五輪史上初の大技を二度も成功した
浅田選手とのこの得点差の大きさはなんだろう。

男子銀メダルのプルシェンコの抗議もよく分かる。
4回転ジャンプが高得点の対象にそれほどなり得ないのなら、
難度の高い技などには手を出さず無難に美しい演技をしたほうがいいということになり、
それはすなわちフィギュアの進化の終わりを意味するという彼の主張。

ついでに言えば、金メダルのアメリカのなんたらという選手よりも
格段にプルシェンコは素晴らしかった。
軸がぶれていただなんだと言ってるけれど、それが何か?というカンジ。
氷と彼と音楽と・・・、
ただそれだけで一気に異次元へ心を持って行かれたではないか。
やはり彼は特別な存在、今回特にそう実感した。


オリンピックのフィギュアはアイスショーではないのだから、
表現力や出来ばえに傾くことなく難易度の高い技への加点がもっとされてしかるべきだと思う。

ただ今は、こういう採点方法であることを事前に分かっていたにもかかわらず、
リスクを承知で果敢に挑んだ浅田選手のその心意気にこそ拍手を送りたい。


いろんな要因はあったと思う。
迷走した末に決まったタラソワコーチはロシア在住、そして浅田選手は日本在住。
また、彼女にラフマニノフはミスマッチ。
暗く重々しい楽曲が、そもそもこの競技に相応しいとも思えないけど、
「鐘」の表すものは「怒り」なのだと知ってますますその思いは強まった。
こぼれる花のように愛らしい顔に きついメイク、
こぶしを振り上げて険しい表情で懸命に表現している彼女の姿は痛々しかった。
燃えるような怒りを表したような衣装も彼女にはふさわしくない。
いろんなチグハグさが彼女の現状そのままのように思えて仕方がなかった。
でも、そんな中でSP、フリーで計3度もトリプルアクセルを決め、
堂々と自己ベストをたたき出したのはとても凄い事で決して誰もが出来るわけではない。

また、キム選手との比較にばかり重きを置く報道はどうかと思う。
ライバルとか、対決とか、勝負とかいう言葉が踊っているけれど、
どれもがそれに当たらない。
戦う相手は常に自分自身なのだから。

浅田選手の涙は、納得のいく演技ができなかった自分自身への悔しさからのもの。
それをあたかも代理戦争に勝利したかのように露骨な表現を口にする韓国の喜びぶり、
お祭り騒ぎは常軌を逸している。
昨日などは更に踏み込んで、浅田選手の得点が高すぎると採点にまで言及している。
浅田選手が、日本以外の国の選手だったらまた違っているのだろう。
率直に言って感情を害するし、親韓的な気持ちも萎える。
日本に追いつけ追い越せでやってきて、今や大国と自認するのなら、
せめて惻隠の情という美徳も会得してはどうかと思う。

数日前の新聞記事で、スキー、ジャンプの葛西選手が前回五輪から
2度も所属を変わり、競技生活の維持に腐心することを余儀なくされていた事を知った。
あの世界一美しいフォームと賞賛されている葛西選手がだ。
また、石原都知事が五輪の日本人選手について
( 折角の能力を発揮できず )「かわいそうで見ていられない」とコメントしていたのが胸に沁みた。
ふと、ノーベル賞を受賞した研究者の方々の、
”事業仕分け”で予算削減に対する抗議の記者会見を思い出した。


あらゆる面で、才ある者が自由にのびのびと能力を発揮できるよう、
当たり前だけど、国が万全の支援をすべきではないか。
そんな事を強く思った。



          asada mao1  



氷上で浅田選手は誰よりも魅力的できらきらと眩しく輝いていた。

4年後のソチ、
流す涙がうれし涙であることを心から願っている。




スポンサーサイト



12 : 26 : 52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
淡雪
2010 / 02 / 18 ( Thu )

立春もとうに過ぎ、いつの間にか2月ももう下旬。

バレンタインデーが過ぎ、
既にバンクーバー・オリンピックが始まっていて
次々と日本人選手の競技が終了してる。

月日の流れは意外と早くて、
ふと顔を上げると思いがけないところまで流されている事に気付くけど、
自分の中の時間との落差はどうしたらいいのだろう(笑)

深夜から降りだした雨が次第に雪になって、
東京ではこの冬2度目の積雪。
儚い牡丹雪、でも雪化粧をした朝の街、

やっぱり白い魔法だね・・・、
振り返ったらそのままの君が見えるような気がするよ。

カゼをひいていないかな・・・、
ちゃんと暖かいところにいて、温かいものを飲んだりしているのかな、
君の冷たい指先の感触を手の中に思い出す、

・・・君に会いたいよ

 

23 : 48 : 37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |