モディリアーニ
2008 / 05 / 09 ( Fri )

「 モディリアーニ展 」 に行ってきました。
混雑を避けるため、 会期末やGW、週末を外したのですが 結構な人出でした。
人気があるんですね。

エコール・ド・パリやモンパルナスの郷愁、 そうした膨らませたイメージや
悲劇的な生涯がなかったら どうなんだろう・・・と思っていたのですが、
やはり 残念ながら私には 今回もその魅力を理解することができませんでした。 
どうも私には デザイン画のようにしか見えないんですけど、 ナゼなんでしょう?
                                            モディリアーニ          
今回 気になったのは、 その商魂のたくましさ・・・!
「 ふーん 」 と思いながら 展示会場を出ると
そこは ミュージアムグッズの山・・・。
アクセサリーのアンティークショップの出店あり
もう なんでもアリ !
いつもの光景ではあるのですが
今回のそれは 群を抜いている・・・(笑)!
関連書籍や絵葉書なんて 
カワイイもんじゃなくて、
「・・・一体 これが絵と 何の関係が・・・?」 と、
思わず 呆然と立ち尽くしてしまうほどの
なりふり構わぬぶりでした。
で、 今回のイチ押しは コレ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒
「 あんペースト 」 です。(¥1050 高い!)
・・・パンにつけて食べながら ラベルを見ると
洒落た雰囲気に浸れるんでしょうか・・・?
・・・しかし、アンコなんですけど。 
・・・パリ・・・?・・・アンコ??
なんかもう、バカにされてるみたいで 笑えてしまいました。
思わず危うく 買っちゃうところでしたよ、私。                  


去年、 同じ国立新美術館で 催された 「 フェルメール展 」 を思い出しました。
あの時も同じ。
看板は、「 牛乳を注ぐ女 」 だけなので、量でカバーだと言わんばかりに 
その時代の風俗画 ( しかもエッチング ) などでめいっぱい膨らませて
作者不詳の当時のグラスまで うやうやしく展示をしていた。
「 真珠の耳飾の女 」 の映画で、フェルメールの知名度がアップしたから、
これはいけると キュレーターが踏んだのか、 
それともレンタル料が高額だったのか。
そんな事を考えながら 展示会場を出ると・・・
そこには フェルメールグッズの山・山・山・・・263
Tシャツも ファイルも 何もかも 「 牛乳を注ぐ女 」 だらけ。
あの時、手にして呆然と立ち尽くした商品は、
「 牛乳を注ぐ女 」をプリントした石鹸でした ((爆))2
「 モディリアーニ・あんペースト 」に「 牛乳を注ぐ女・石鹸 」
・・・これは一体・・・?▽ ?

その商魂逞しさには 脱帽です。  
でも、 もう鼻につくからやめて欲しいなぁ~。
せっかく名画を観ても、興ざめですし。
ロケーションもハコもいいのに 残念ですね。
・・・そう、ロケーションがいいんです。
去年、 あそこでベネッセの社長サンが 人妻の愛人と写真を撮ったりして はしゃいじゃって
役職を棒にふってしまった気持ち、  わかります (笑)。


ところで、意外にご存知ない方が多いのですが、
美術館・博物館等共通入場券&割引券の 「 ぐるっとパス 」、 
期限は2ヶ月ですが便利ですよ。

        詳しくは こちら  ⇒   ぐるっとパスRUTT2008



                     さくらんぼ.
 

その後、通りかかった道で、鈴なりになった さくらんぼを見かけました。
きれいで つやつやと輝いていて、 いい気分転換になりました。
場所は神保町、なんと 三省堂前の交差点です。 


   

15 : 14 : 59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<花の香 | ホーム | 立夏>>
コメント
----

kooさんのサイトから知って、2回目のコメントです。
前コメントの岩崎記念館(岩崎財閥の元お屋敷。その一部は司法研修所になっています)ですが、バラ園は、王子の古河庭園です。どちらも土地勘があるところですが、入館したことはありません(照)。

モディアーニ展、ネタバレになっていませんのでご安心を。
さて、売店(?)はまったくの同感です。
フェルメール展はチケットがあり3回行ったのですが、本当に売店は商魂たくましいというか、日本って文化程度が低いと思われてしまう!!と思いました。
牛乳で作ったクッキー(1個150~200円ぐらいした)を売っていました。なんだかなー。

新国立美術館は、開館初日にタダだった文化庁後援のメディア展に行ったのですが、
「幕張メッセみたい=展示会場のよう」と思いました。初日だったので、同館設計者の今は亡き黒川紀章先生がいらしていました。

都美術館のラインナップも、日本人向け商業主義そのものが多い気がします。だって、目玉作品以外は、……って感じが多くて。

雰囲気としては、上野の国立博物館の吹き抜けの階段が好きですね。表慶館も。
でも、新しいサントリー美術館のセンスも好きです。
近代美術館の昔の階段も良かったなー。スペースの都合でツブされてしまいましたが。

こじんまりした美術館も好きですが、大きな館内で大きな絵を見ると、すーっとします。
「絵は聴く、音楽は観る」と誰かの言葉にありました。
長くなってすみません。
by: kann * 2008/05/09 17:33 * URL [ 編集] | page top↑
--kannさん ♪--

こんばんは。
あぁ、バラは古河庭園のほうなんですか。
えぇ?岩崎記念館の1部が 司法研修所? 
ふてぇ野郎ですね、あんないいトコで研修なんてしちゃったりして。 羨ましいったらー(笑)。
あ、フェルメール、やっぱりそう思われました?
牛乳でつくったクッキーが ひとつ150~200円 ! 高~い !
ひとつで足りるワケないじゃないですか~。
この調子では、今秋のピカソもそんな感じなんでしょうね。
国立新美術館とサントリー美術館の共同で結構大掛かりにやるみたいですよ。

ところでkannさんは、建築にもご興味がおありなんですか?
ずいぶんお詳しいですね。

「 絵は聴く。 音楽は観る。」・・・いい言葉ですね。
ホントですよね、 いい絵を観てると 耳に音楽が流れるし、 
いい音楽を聴いてると 目の前に映像が浮かびますもんね。
・・・ところで、 いい女性を前にした時は どうなるんでしょうね?(笑)。
by: vesper * 2008/05/09 19:42 * URL [ 編集] | page top↑
--ちなみに無縁坂はすぐそば--

司法研修所の北側は、フォークグループのクレープ(古い。さだまさし)の歌にあった「無縁坂」です。森鴎外の「雁」でお玉さんが住んでいた…。
壁は昔のレンガつくりで、そちら側だけ見てると、ちょっとだけ、本当にちょっとだけ雰囲気があるのですが、道路の反対側は保育園(笑)。

建築、ですか。前世は、「ヨーロッパのレンガ積み職人」と自称しています。ヨーロッパに行ったら、自由行動はすべて「昇りもの」を最優先に考えます。
集合時間の2時間前の早朝から、30分もあるとすぐに「昇りもの」。体力があるうちに(いつも自覚しますが年齢のわりには、女子(!)のわりには体力あり)、できるだけ数多くの昇りものと、美術館巡りを果たしたいものです。

ピカソといえば、バルセロナの青の時代以前の作品を集めた美術館に行ったことがあります。同じタイミングでは、ミロ美術館と、同地から特急で2時間半(東京から熱海といった感覚)かかるフィゲレスにあるダリ美術館。数時間の滞在中、東洋人は私だけでした。
あやふやな記憶ですが、そのダリ美術館から「中に雨が降る車」、「ジーン・ハーロー(違うかもしれない。米国セクシー女優の誰か。モンローではない)の唇」などシュールな作品が都美術館に来たことがあったかな。ね、都美術館っぽいでしょ。

絵もそうなんですが、人間が作ったものが好きというか。
いい女性を前にしたとき?…これは別途、メールしたほうがよいのでしょうか?(照)
by: kann * 2008/05/09 20:43 * URL [ 編集] | page top↑
----

モディリアーニ展へいらしたのですね。
「モディリアーニ あんペースト」には驚きました。子供の頃(未だ海外のブランドが珍しかった頃・・・年が分かっちゃいますね・・)ピエール・カルダンの座布団カバーを見た時、小さいながらに、「これはないでしょう??何でフランス人が座布団カバー??」と感じた事を思い出しました。何でも商売にしてしまう逞しさ!!すごいですね。

昨日、三省堂の前を通りましたが、さくらんぼうには全く気づきませんでした。しっかりと色々見ているつもりなのですが・・・。
同じ場所を通っても、この違い。
感受性の違いなのでしょうね。
by: SOL * 2008/05/09 22:08 * URL [ 編集] | page top↑
----

> kannさん

一応ビアンブログなので、掲示板でもどこでもお好きにどうぞ。 (笑)
( そういえば、なんだか最近ちょっと方向がズレてるような気が・・・。)

そうですね、お若くて体力がおありの時にいろんなところへ行って 
見聞を広められるのはいいことですよね。  後々、心の財産にもなるでしょうし。
では、フィレンツェのドゥオモにも上られたんですか?
確か階段が414段?・・・でしたっけ?
前世はヨーロッパのレンガ積み職人で、自由行動では 「 昇りもの 」。
面白い方なんですねー。 自由行動では、殆どブランド店に走るのに。

無縁坂って東京だったんですか。 知らなかった・・・!
てっきり九州か京都だろうと 漠然とイメージしてました。(笑)




> SOLさん

え? 昨日三省堂の前を通られたんですか?
ニアミスしてるかもしれませんねー。

さくらんぼは、文房堂寄り、と言うか、
三省堂の正面玄関を出て右手に行ったところに生えていました。
その辺りで、写メールバシャバシャ撮ったり、
実をぷにぷに触って喜んでいるヘンなのがいませんでしたか?(笑)
熟してるのって、なんか耳たぶをさわっているようでいいカンジなんですよねー。ウットリ
( あれ?ヘンですね? )
三省堂、 本の後、地下の放心亭で放心するのが好きなんです。口あけて・・・(笑)。

カルダンの座布団カバー、そういえばそうですね。
前にロイヤルコペンハーゲンの、お茶碗とお湯のみを見かけた時、
やっぱりちょっとひっかかりましたけど。 同じですねー。

また天気がはっきりしませんね。
この湿気、大丈夫ですか?
by: vesper * 2008/05/10 00:36 * URL [ 編集] | page top↑
--「昇りもの」にもっと昇っておくんだった。--

kannさん。

「昇りもの」最優先の旅をなさっているのですね。私も、もっと昇っておくんだった・・と最近思っています。
ピカソ美術館も、日本から来た親たちを連れて何度行った事か・・・。終いには、皆が見ている間に1人一階のBARでコーヒーを飲んで帰ってくるのを待っていたりしていました。
もったいない事をしていました。
(あそこのカフェ・コン・レチェは、そこらのBARよりもずっと美味しかったので、ぜひ美術館へ行らしたら試してみてください。)

フィゲレスのダリ美術館も、今や日本人だけでなく中国人、韓国人と東洋人であふれかえっていますよ。いつ行っても混んでいます。
私は予約をするのが面倒くさくて一度も、カダケスにある、ダリの卵の家へ行くことなく帰国してしまったのが残念なのですが、kannさんはいらっしゃいましたか?

いつか年をとってリタイアしたら、私はカダケスに家を作って、一日中海を見て暮らしたい・・・と思っています。本当の夢話ですが。
by: SOL * 2008/05/10 00:39 * URL [ 編集] | page top↑
--ニアミスしているかもしれませんね!--

本当ですね。ニアミスしているかもしれませんね!

残念ながら、写メールバシャバシャ撮ったり、
実をぷにぷに触って喜んでいる人には出会えませんでした。
vesperさんこそ、本をたくさん買い込んでいる人を見かけませんでしたか?
・・そんな人、神保町では当たり前ですね・・・。

昨日、一昨日は、湿気も少なかった気がします。ただ、東京は青空と言えども、青が白っぽくて薄い色ですね。やっぱり湿気の影響なのでしょうか?それとも単に空気が綺麗じゃないから?

vesperさん!
この湿気、大丈夫?とのこと。
気をかけて下さって、どうもありがとうございます。
引越しの荷物も届き、部屋を片付けながらも、時間を見つけては、あちこち出かけています。少々、疲れてはきていますが、これは遊び疲れだと思います。
by: SOL * 2008/05/10 01:00 * URL [ 編集] | page top↑
--SOLさんは確か帰国組--

SOLさんは帰国されたのですよね。他の記事コメントで見た気がします。
岩崎記念館と無縁坂、上野不忍池のすぐ近く、弥生美術館からも近いので訪れた際は、寄り道してみてください。
by: kann * 2008/05/10 01:32 * URL [ 編集] | page top↑
--SOLさん ♪--

「 昇りもの 」で盛り上がってますねー。(笑)
意外な展開でした。

カダケス、1度も行ったことがないのでイメージしにくいのですが、 いい所なんでしょうね。
1日中海を見ながら・・・いいなぁ~。
刻々と色を変えていくんでしょうね。
1日中見ていても きっと飽きないでしょうね。
絵は 必要ないかもしれませんね。

東京の空、確かに色が薄いですよねー。
いつも霞がかかっているみたいに。

お引越しって、大変ですよね。
落ち着いた頃に疲れが出たりして。
これから梅雨ですし、どうぞご無理のないように。
「 栄養と睡眠とマイペース 」、これにつきるかなー(笑)。
by: vesper * 2008/05/10 02:13 * URL [ 編集] | page top↑
--モディリアーニ展に行ってきました--

朝一番で入りましたが、小雨模様のせいか、予想より混んでいませんでした。混んでいましたが。
作品の質と数のわりには、スペースが広すぎるように感じました。全体的に、絵はやさしい感じで好感が持てました。
…そしてグッズ売場。期待(?)より、「なんじゃこりゃ」感はなく残念(笑)。
地下のミュージアムショップに初めて行きましたが、国立なのに…これでいいの?

♪SOLさん、卵の家は行ったことありません、いつの日にか!
by: kann * 2008/05/10 15:07 * URL [ 編集] | page top↑
--kannさん ♪--

雨の中を お疲れでした。
混んでなかったけど 混んでた?あはは 面白いですね(笑)。
地下のショップねー、国立って最近壊れかけてますよねー。
芸大の美術館のショップも笑えますよね。
東京芸大印のノートやペン、トートバックなどなど・・・。
学生以外で買う人いるのかなー。

今日、寒かったでしょう?
by: vesper * 2008/05/10 22:02 * URL [ 編集] | page top↑
--西洋美術館の本コーナーは好きです--

寒いと思ったので、本当ならこの季節に着られないような、10年以上前の「男子学生の詰襟制服ようなスーツ」を着ていきました。

西洋美術館の本コーナーは好きで、美術館に入らないときでも、上野にいったら寄ることが多いです。
by: kann * 2008/05/11 00:01 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://vesper50.blog71.fc2.com/tb.php/16-cb42bff5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |