スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
フェルメール
2008 / 10 / 27 ( Mon )

フェルメール展の入場者数が、10月15日に40万人を超えたんだそうです。
結構な人気ですね。
少し前まで知る人はそんなに多くなかったような気がするんですが、
やっぱり映画の影響なんでしょうか?
「 真珠の耳飾の女 」でしたっけ。

        フェルメール・手紙を書く女と召使い

現存する30数点の作品のうち、 今回7点展示されるということで
・・・きっと混んでるんだろうなー・・・ なんて思いながらも一応行ってみました。

とにかく、とりあえず行ったんだ!・・・というワケのわからん達成感(?)と、
図録の重さ、手に食い込むビニールの持ち手の痛みと疲れがあとに残りました。 
はい。

こうした混みあう催しの来場者は 殺気立ってきて・・・
とーっても マナーが悪い。
「 全く最近の若いモンは・・・!」 と年配の方は言うけれど、
なかなかどうして お年寄りだって決して負けてはいない2
体当たりに割り込み、 ・・・ もう自分さえ良ければ、という
そのなりふり構わぬ傍若無人さとパワーは、
寧ろ 若い人の比ではないような気がするのですがぁ
そう感じるのは私だけなんでしょうか ・・・?
名画の鑑賞・・・ どころか、 どつきまわされて(笑)
気持ちがささくれだって帰途につくってどうよ。
そういう人が地下鉄で急に 私は年寄りでございます・・・って態度変えても、
正直言って もう席をゆずる気も起きなかったなー。
( ゆずったのは妊婦さん )

企画者は、 65歳以上は無料、 とかいうシルバーデイをもっと増やせばどうかと思う。
来場者の圧倒的大多数はそうなんだから。
それと、入場料が学生よりもお安く設定してあるってどうなんだろう。

入場料 (当日券) 一般     1600円   (高くない?)
            学生      1300円
            65歳以上   900円

若い学生さんにこそ広く開放して、感性の涵養にコレ努めるべきではないのかな・・・
どうせウイークデイの日中は行きにくいし、
おまけに 人口そのものが少ないんだから。
そんなことを今回ふと感じました。



まー、早い話、この企画の公式HPなどで その7点を観るのもいいかな、と思いました。

最近のこうしたHPの充実ぶりには目を見張るものがありますね。
下にリンクしたTBSの公式HPでは、
絵の解説に加えて、描かれているリュートなど古楽器で演奏された曲も聴けて、
詳しい解説を読みながら 結構浸っちゃったりして・・・。
「 涙のパヴァーヌ 」とかいう曲、よかったな。

コチラ ⇒ http://www.tbs.co.jp/vermeer/jpn/index-j.html

HPの右側、「 出展作品紹介 」の黒いバナーをクリック!です。 結構遊べます。

 

東京都美術館の方も、現在の待ち時時間とかがわかる案内があるようなので
ついでに貼っておきまーす。 ぜひご利用くださーい。 

ソチラ ⇒ http://www.tobikan.jp/museum/vermeer.html

 


さて、こうした企画展における商魂の逞しさは もうお見上げ申し上げるほかありません(笑)。
ワタシ、 今回もどこかアタマの隅で期待をしていたふしも あるような気がしますが、
やっぱり外さず やってくれました。
どうして常識の範囲内のグッズにとどめてくれないの?
名画鑑賞の後の知的興奮を、 一気にクールダウンさせるこの商魂2
「 お願いだから や・め・て ! コーナー 」でーす。

  フェルメール展記念ワイン  フェルメール展記念ジャム  ミレイ展記念紅茶


・・・フェルメール展記念 ワ イ ン ?  ラベルがフェルメールなのー、ふーん。

・・・ポール・ボキューズ プロデュースのジャムや焼き菓子・・・
銀座のマロニエゲートや国立新美術館への出店だけでも えぇぇ~・・・だったのに、
フレンチの3ッ星シェフって こんなこともしちゃうんだー。 忙しいね。

・・・ついでに「 ミレイ展 」にあった紅茶もオマケ。 
中身はさておき、 パッケージにミレイの絵があれば英国上流階級の香がするわけね。
ふーん。

もう 軽くコケにされているとしか思えない。
絵がついてれば 何でも喜んでホイホイ買うとでも思ってんのか!
一瞬気が遠くなって、 ついあやうく買ってしまうところだったじゃないかー!(笑)

なんていいながら、画像までupして結構その商魂を楽しんでる私がいたりして・・・。



気候もいいし、どこか景色のいい所でのんびりしたいなー。
ふと気がつけば、今年ももうあと2ヶ月あまり。
11月に入ったらあちこちでクリスマスイルミネーションの点灯式ですね。
もうそんな時期・・・。 早いですね。


(追記) 10月29日で入館者数が50万人を突破だそうです。 スゴイですねー。

 

22 : 23 : 10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<枯葉を踏む音 | ホーム | ミ・レ・イ>>
コメント
--リュートいいですね--

こんばんは。。。フェルメールの映画見てました。透明感が好きです。
ホントの作品も 良いでしょうね。図録も気になりますね。

リュートいいですね。
私、大好きなんですよ。ご存知かもしれませんが、お気に入りのリュート奏者さんです。機会があれば聴いてみてください

つのださんです
http://www.linkclub.or.jp/~dowland/
by: chouchou * 2008/10/30 01:04 * URL [ 編集] | page top↑
--chou chou さん ♪--

フェルメールの映画、よかったですか?
私観てないんですよ。

それと作品・・・あまりに人が多すぎて、殆ど断片的にしか観られませんでした。
10月29日に50万人突破だそうです。

リュート奏者さんのサイトを紹介してくださってありがとうございます。
初めて知りました。 いいですね。
HPにあったヴァージナルとかいうのも良かったなー。
by: vesper * 2008/10/31 18:41 * URL [ 編集] | page top↑
----

9月下旬に、何年ぶりかに正規料金で入場して観て来ました。
なんといっても「小路」に震えました。

今までの“やめてくれ売店”は、都美術館にルーブルの何かが来たときに、オスカルの等身大(!)パネルが立っていたことでしょうか。
by: かん * 2008/11/01 23:56 * URL [ 編集] | page top↑
----

混雑していると聞いていたので、朝一番に入場しました。
そんなに混乱することなく、一つ一つじっくりと観る事ができました。
優美な柔らかな光が印象的で、フェルメール自身が優しい上品な人だったのだろう,
と思いました。
10時半過ぎに入り口を見たら、物凄い人出で入場制限までしていましたよ。
ゆったりとした気分で観たいのに、あんな雰囲気で観たらがっかりですね。
何とかならないものかしら?本当に。
by: SOL * 2008/11/02 09:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

>かんさん ♪

オ、オスカルって・・・ひょっとして「ベルサイユのばら」の???
ルーブル=フランス=革命=オスカル・・・?

もうバカにされているとしか思えない~~!
あぁ~! 
ムカツクを通り越して、た、楽しい~~~!




>SOLさん ♪

えー、ゆったりとご覧になった? この時期に!
それはきっとSOLさんの、日ごろの行いがいいから・・・!(笑)

ワタシは、ジャケットのボタンが飛び、バッグの皮が傷だらけ、
・・・あ、靴も踏まれまくって傷がスゴイの。
・・・もうイヤってカンジ。
ボロボロのヘトヘトでした。
朝一がいいんでつね。
では次回から。
by: vesper * 2008/11/02 22:47 * URL [ 編集] | page top↑
--文化の日の上野公園--

言葉が足りませんでした。オスカルといえば、ブリキの太鼓ではなく、ベルばらです。

曇りで肌寒い今日・文化の日、午後1時前に都美術館の前をチャリでササっと通りましたが、そんなに混んでいない様子。
朝一番が混んでいるときもあれば空いているときもあり、陽気=温度が関係するのでしょうか。

文化の日のため、西洋美術館の常設展が無料観覧できることを忘れて(混んでいるかも)、ハンマースホイ展に行きましたが、わたしはとても良かったです。
by: かん * 2008/11/03 13:23 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://vesper50.blog71.fc2.com/tb.php/33-c715a840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。