スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
中山可穂さんサイン会
2008 / 03 / 04 ( Tue )

3月1日に、有楽町の三省堂書店で 
作家の中山可穂さんのサイン会が 開催されました。
行こうかどうしようか迷った末に行ったのですが、
ナゼ自分が逡巡したのかよくよく実感してしまいました。

150名限定の整理券を、新刊の購入時に受け取ったまではよかったのですが、
その後の居心地の悪さは、久々に味わうイヤなカンジ。

大体、あんなに狭いところでサイン会なんて無謀だと思うのですが
出版社だか書店員だか知らないが、
黒いスーツ姿のスタッフの手際の悪さには辟易としてしまいました。
整理券番号があるにもかかわらず、
マイクで「 予約受付をしてください~。 」と
言うのでそのスタッフのところへ行くと、
整理券番号だけでなく名前を  フルネームで名乗れと言う
仕方がないので名乗ったけれど、今度はサイン会が始まると
「整理券番号○△番の○◇×△さま~!」と、
フルネームをマイクで呼ばれることに・・・

そんなバカな・・・一体なんのための整理券番号なんだ・・・
今時、病院でも個人情報には気を配るぞ・・・
しかも、混み合った書店、衆人環視の中・・・。
とっさに偽名を名乗ることも思いつかず、求められたアンケートに
個人情報を素直に書いてしまう バカな私・・・。
タンゴの曲が中途半端に流れ、スタッフはマイクで名を呼び
更に「○◇△×様ですか?」と、重ねて顔をのぞきこんで確認する始末。
スタッフ同士がニヤつきながらこちらを見て、小声で何か言っている。
たまたま居合わせた一般のお客さんも 「レズ作家のサイン会なんだって。」と
立ち止まって興味深そうに見ている。
あぁ、そう。このカンジ。
自分の人生を不本意なものにしてしまう、このカンジ・・・。
けれど、今回もっとイヤだったのは ビアン仲間とおぼしきグループが
まるで品定めでもするかのように コソコソと何か言い合いながら
個々にサイン会に来ている人を見回していたこと・・・。
どこかのオフ会にでも参加してみようかな、と思う気持ちをためらわせるもの、
それは閉鎖的なこの村意識。

せっかくもうじき春を迎えようとする このいい季節なのに
なんだか気持ちが萎縮してしまった。

中山可穂さん・・・。小柄で華奢な人だった。
雑踏と騒音と、自分に向けられるいろんな視線の中、
ただもくもくと丁寧にサインをしていた。
少しぎこちない笑顔と、ちいさな礼をいう声。
今、どんな気持ち?
そんな華奢な体で こんないろんな風圧に耐えてるの?
なんだかすっかり出版業界に管理されているようで、
痛々しく感じてしまったのは私だけ?
ほとばしるように奔放で キラキラとした輝きが、
ただ完成度の高い文芸作品に変化していく。
そんな気がして淋しくてならない。
丁寧に書いてくれた宛名と、猫のイラスト風サイン。
ただ、やったー!ウレシー! ではなくて、
可穂さんのいろんな想いが、迷いがにじんでいるような気がして
それをキャッチしたくて ずっと長い事見つめている。


00 : 00 : 00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<春の雨の日 | ホーム | 月を見上げて君を想う>>
コメント
--その場の雰囲気がわかりました--

はじめまして。最近、中山可穂さんの本を読んで、彼女の作品をもっと読んでみたいと思っている者です。今、現在、海外に住んでいますので、なかなか本が手に入りませんし、ましてサイン会へ参加する事は出来ません。でも、こちらのブログで、その場の雰囲気が自分なりにですが察する事ができました。どうもありがとうございました。サイン会でのスタッフの手際の悪さ、そして、ビアン仲間らしき人たちの村意識・・適切な言葉が見つかりませんが、何ていうのでしょうか、良い意味で無関心でスマートなお付き合いが出来れば居心地が良いですよね。だけど、人が集まれば必ずグループは出来ますし・・これは、日本にいても
外国にいても同じです。私も自分で快適な空間を作るようにしているところです。脈絡のない文章になってしまいましたが、今一番気になっている作家の中山可穂さんの情報を教えていただいたので、嬉しくてコメントを書きました。どうもありがとうございました。
by: SOL * 2008/04/17 21:52 * URL [ 編集] | page top↑
--コメントありがとうございました--

コメントありがとうございました。
このブログにいただいた初めてのコメントが、海外在住の方からだった事に、かる~く驚いてしまいました。
そういえばインターネットですもんね。
何も慌てるコトはないんですが(笑)。

何かお役に立てたとしたらこんな嬉しい事はありません。
しかし、本が入手しにくいのはつらいものがありますね。
アマゾンなんてどうなんでしょうか。
入手しにくい物や、自分がズボラな時、時々利用しますけど、海外からネットショップした事がないのでいまひとつ良くわからないのですが・・・。

「快適な空間」、是非作ってくださいっ(^o^)/
ゲイパレードに参加できるようなイキのいい人が羨ましいなと思います。
いろんなしがらみやトラウマがあって、萎縮して臆病になってしまっている人も多いと思うので。
私も、白い目で見られる事のない 自分を解放できる場所、欲しいなと思います。
by: ヴぇsぺr * 2008/04/17 21:56 * URL [ 編集] | page top↑
----

こちらでは、はじめまして!
中山可穂さんのサイン会、私も前々から一度行きたいと思いつつ、まだ実現していません。
でもその三省堂の社員たち、一体何を考えているんでしょうね。プロ意識はないのかな?と思います。
そして、まわりを見回していたという、ビアンと思われる方たち。私もその場にいたら・・・きっとまわりを見回していたなあ、と思います。
でも私なら、ひとりで行って、キョロキョロ。ビアンには見えないと言われるので、
「本好きと思われる中年女性が、好奇心丸出しで、キョロキョロとまわりを見回していた。」と描写されるのでは・・

vesperさんの文章、すごくすっと入ってきて、読みやすくて、でもなんだか余韻があって、いいですね。
リンクしてもよろしいですか?
by: koo * 2008/04/17 21:58 * URL [ 編集] | page top↑
----

ヨロコンデ!
どうぞよろしくお願いします。

記事にも書いたのですが、今FC2ブログに引越し中です。
勝手が違って、また時間もなくてもたもたとまごついて まだ完了していないのですが、是非のぞいてみてください。
あまり熱心なブロガーでないので、ポツポツとしか更新していないのですけど。
ブログを見るコトはあっても書くのは初めてなので、わからないことだらけです。(笑)
また教えてください。
三省堂でのサイン会・・・私は当然1人で行きました。
キョロキョロと辺りを見回して、ふと「あ、あの人と今目が合っちゃった!・・・あ、また!・・・お、お茶に誘っても・・・?」なーんてことは全くありませんでした(笑)
グループでこそこそっていうのが苦手なんです。(あ、皆そうですよね)
ご本人たちは楽しいんでしょうけどね。
kooさんのブログ、充実の内容ですね。
いつも楽しみにしています。
訪問ありがとうございました。
by: vesper * 2008/04/17 22:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://vesper50.blog71.fc2.com/tb.php/4-64cbb18d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。