スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
レニングラード
2009 / 04 / 30 ( Thu )

bunkamuraで催されている
「 国立トレチャコフ美術館展、 ”忘れえぬロシア” 」に行ってきました。

人が少なく、 落ち着いてマイペースで見ることができて満足しました。
作品数が程よくて、 実際に見る作品が想像以上に良かったです。

ロシア美術は殆ど知らなかったのだけれど、
印象主義への展開の中の作品はとても抒情的で瑞々しい。

ツルゲーネフや、トルストイ、チェーホフの肖像画はそのお顔を興味深く拝見しました。
看板になっている、クラムスコイの 「 忘れえぬ女 」 も間近でマジマジと・・・。
そもそもの原題は 「 見知らぬ女 」だったそうです。
以前さる方が、「 こんな女性に振り回されてみたい・・・。」と仰っていたのを思い出しました。
・・・・・・、
・・・「 忘れたい女 」・・・という題もアリかな~、なんつて。 <(_ _)>


          top_pic1.jpg  イワン・クラムスコイ



私は個人的にはイリヤ・レービンという方の絵がいいなぁーと。
「 レービンの息子、ユーリーの肖像 」や、「 レービン夫人と子供たち 」などを見ていると、
描いているレービンの、 愛情に満ちた優しいまなざしまで感じられてくるようでした。
愛くるしい息子ユーリーが、後に困難な人生を送ったことを知って胸が痛みました。                      
 

            explan_pic4.jpg   イリヤ・レービン

あとは、「 たそがれー干し草 」、「 ヤルタのカフェ 」などなど、    
「 三月の太陽 」などは、実物の方が断然いいと感じました。
朝の陽光が 雲や木々や雪に映えて。

この後、岩手県立美術館、広島県立美術館、郡山市美術館・・・と巡回の予定だそうです。

詳しくは コチラ ⇒  国立トレチャコフ美術館展・「 忘れえぬロシア 」




 

今回、「 ネヴァ河でのそり遊び 」と 題する絵の前で、 しばらく立ちつくしてしまいました。
絵に魅了されたワケではなくて、画中の景色が思い出深くて。

以前、ロシアがソ連といわれていた頃、 
サンクトペテルブルグが まだレニングラードと呼ばれていた頃、
ゴルバチョフ大統領が来日し、
「 ペレストロイカ 」 という言葉が少し流行った頃・・・、
彼女とネヴァ河の遊覧船に乗り、 
河沿いの、絵と同じクリーム色の冬宮を眺めました。
近代的な建造物、 ビルや看板、ネオンサインが全くなく、
スカイラインが一直線で 青い空が美しかった。
河の水面と同様、 彼女の笑顔もきらきらとまぶしいほど輝いていた。

レニングラードには、モスクワから一晩かけて寝台列車で入りました。
モスクワの国営ホテルのレストランで、
ウエイターがこっそり隠して売りにきたキャビアと 固いライ麦パンを夜食にして。
頼みもしないのに 車掌が思いっきり甘い紅茶を持ってきて、
もうドルでチップを渡したのに 話し始めてなかなか出てくれなくて閉口したのを思い出します。
窓の外は白夜で、幻想的な夜でした。
荒涼とした大地を時折眺めながら列車に揺られました。

何を話したのかな・・・、 
殆ど話さなかったような気もするけれど、
たくさんの事を話したような気もするし。
いろんな表情の彼女しか浮かんでこない・・・、 
ただ、きっと何年たったとしても思い出す時の中に今いるのだなぁと、
そんな事ばかりを考えていたのかもしれません。

レニングラードではエルミタージュ美術館を訪れました。
あの規模の美術館なのに当時はナゼか時間制限があって、
仕方がないので目当てをおもに印象派に絞りました。
マティスの 「 ダンス 」 と同じポーズの彼女を写真に撮った。

夏の宮殿では 噴き上がる噴水の時刻を待ち、
ベンチに座ると噴き出したりする仕掛けの噴水に私はアタマから濡れ、彼女は大笑い。
海に臨む、驚くほど美しくて遊び心満載の宮殿で、
次回ここにくる時は暗いモスクワには寄らず、
このレニングラードと、目の前の海の向こうのバルト3国を回ろうと話しました。
そのプランは、まだプランのままだけど。



この美術展に来る時に、何も構えてこなかったから、
まるで不意打ちに会ってしまったようでした。
思いもかけないこんなところで、
ドアを開けたらそのままの君がいる。

ここに ”どこでもドア” があったなんてね、
これが ”思い出のフレーム” になるのには、あとどのくらいかかるのかな・・・、

でも、ホントはならなくていいよ、
いや、やっぱりならないでいてほしいみたいだ、
私は昔からものわかりがわるいんだ。
もう何も構わないから、時々こうしてつかまえてくれ。
こんなところで泣けるほど 今でも君が好きだから。



           sankt05.jpg

         


 
世の中はゴールデンウイーク、 そしてお天気は快晴、

どうぞよい休日を ♪

 

 

20 : 20 : 24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<5月 | ホーム | みなさんはどのように?>>
コメント
--いつの日か--

エルミタージュ美術館には、いつか行きたいと思います。東西冷戦時代に行かれたのですね。
「忘れえぬ女」にはロシアで振り回されることなく(笑)、渋谷でもう会えましたから。
わたしはもう“思い出のフレーム”を持っていて、10余年前、Milano の Pinacoteca di Brera(ブレラ絵画館)で観たHeyez作「Bacio(接吻)」(1859年)が、そうです。
by: かん * 2009/04/30 23:39 * URL [ 編集] | page top↑
--かんさん ♪--

あーん、渋谷でブンブン振り回されているかんさんを見たかったなー(笑)。
で、”思い出のフレーム”、ふむふむ、それで・・・?
いいかげん本編に入って白状してよーう!
予告編が長すぎる~~~。
消化不良を起こしそう~。
「Bacio(接吻)」がなんだって?
by: vesper * 2009/05/02 10:37 * URL [ 編集] | page top↑
--どうも、こんにちは。--

エルミタージュの琥珀の間の展覧会がわが町で開かれた時に行ったことがありますが、絵画については本で見ただけです。
肖像画というフレーズには惹かれますね(笑)
資料集や伝記で見ていても、やはり実物の肖像画には迫力があるだろうと思います。

しかし、サンクトペテルブルク、ピョートルの街は別名「人骨の上に築かれた町」と言われるほどたくさんの犠牲の上に築かれた町でもあります。ロシアの歴史を語る上ではモスクワ以上に興味深い街です。
スカンジナビア半島側から見てみたい街です。
by: ウォルシンガム * 2009/05/03 11:41 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2009/05/05 07:04 * [ 編集] | page top↑
--ウォルシンガムさん ♪--

> 肖像画というフレーズには惹かれますね(笑)

肖像画、みなさんナゼかイケメンでしたよ。

>ピョートルの街は別名「人骨の上に築かれた町」と言われるほどたくさんの犠牲の上に築かれた町でもあります。ロシアの歴史を語る上ではモスクワ以上に興味深い街です。

確かにね。
ピョートル大帝の遺体が展示されているところもあったのですが
(レーニン然り、ロシアらしいでしょ)、なんと身長2mを超す大男だったらしいですよ。
エカテリーナ女帝の強さといい、何といい・・・確かに興味深いですねー。
私はそれどころじゃなかったですけど(^v^)
by: vesper * 2009/05/06 12:07 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://vesper50.blog71.fc2.com/tb.php/63-80c828e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。