スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
夕凪
2009 / 07 / 21 ( Tue )

ガキと、ハリー・ポッターを観に行きました。
・・・と言っても、友人の子供ですけど (^^ゞ。

春や 夏休みに入る頃、友人の事情で子供を夜まで預かるということを
毎年続けていて 何年になるのかな・・・?

ハリー・ポッターの1作目を 瞳を輝かせて観て、
グッズを手にして喜んでいたガキも 今や高校生。
もう預かるような年齢でもないのだろうけど、なんとなく定例行事のように続いています。
隣でダルそうにポップコーンを口に運び、 目線の位置もずいぶん変わりました。
・・・子供の成長は早いなーと思う。

そもそも、この映画を観ること自体を嫌がりました。
「 1作目からずっとオマエと観ているんだから 今日もそうする、 諦めろ 」
と強引に連れてきたけど、 
・・・もう”卒業”なんだな・・・と、人のガキながら感慨深いものがあるような・・・。

観終わってゴハンを食べている時に、「 腐女子な彼女 」とかいう映画の話になって、
ちょっとマズイ展開じゃなーい? と思っているところへ
「 同性愛ってどう思う? 」ときて、思わず硬直するワタシ・・・。263
「 べ、べべべつにイ~ 」と、答えにもなにもなっていない返答は上ずっていたかもしれない。

( しかし、あの”腐女子”とか、”やおい”とかいうネーミングの
  センスの無さはなんとかならないんだろうか・・・、
  まー、70年代以降いろんな意味で細分化したってコトなんでしょうね )

「 どう思う? 」 と逆に聞いたら、やっぱり 「 べ・つ・に・い~ 」
でも、しばらくして
「 友達とか、親戚にいたらイヤだけど。 」

  ・・・・・・。
「 どうして? 」
「 だってキモイじゃん 」
「 身近じゃない親戚でも? 」
「 うん 」
「 どして? 」
「 じゃーさー、自分の結婚式の時どうするよ。
  相手や相手の親や親戚や学校や会社つながりの人になんて紹介すんの?
  ○○さんのパートナーの△△さんです、って?
  カンベンしてよー、生きてけないよ~! 」

う~ん・・・、 耳に痛あい~~~。

教師を友人のように名前で呼び捨てにし、日教組に教育され、ジェンダーフリーの中で育った
戦後民主主義教育の結果のようなこのガキにしてこうなのか・・・。
・・・と、 保守派なのにビアンなワタシとしては
ヨロコンデいいのか、悲しむべきなのか・・・(笑

なんとも複雑な思いを引きずったまま 
その後、 学校でのメンドーな友人関係の事や、 先に対する不安感、
その子が抱える 漠然とした閉塞感を感じるような話を聞きました。
いつの時代にも、青春時代は 過ぎてから輝きを放つものらしい。

帰り道に神保町に寄って、
たまたま目についた「 ローマの休日 」のDVD( 450円!レンタルとあまり変わらない!)と、
ワタシの好きな西行の本、他数冊を 
「 次回に感想文を書いて提出するように 」 と言って買い与えました。
「 マジかよ! ウッゼー! 」 には 「 何だ!その言葉使いは! 」 と逆襲。

お茶を飲みながら、
学べや学べ やよ学べ!だ、
寸暇を惜しんで一生懸命アツクルシク生きてみろ、
母親を大切にして敬え、
タメ口でものを言わず、目上の人に対してきちんとした言葉を使え、
長幼の序とか、TPOの弁えを知らないのか、
それからあ・・・!と、 
実は自分が実践出来なかったことばかりの説教をたれているワタシを
意外にも 
「 新鮮~! 」 とか 「 ウケる~! 」 と 瞳を輝かせて喜ぶガキ。
なにがそんなにウケているのか分からないまま、とりあえず止まらないワタシ。

夜 明かりのついている自宅の前で、
ちょっと照れた表情で振り返り、 
ハリー・ポッターを、ファイナルまで一緒に観に行こうと言って帰っていった。
 


君が長じて家庭をもって、子供を連れて映画館に行った時、
なにかの拍子にふと 思い出す事があるかもしれないね。
高くなった目線の位置から いろんな景色が見えると思うよ。

人は涙見せずに大人になれない・・・と、TUNAMIの歌詞にあるけれど、
やっぱり傷付かないで、夕凪の海のように穏やかな人生を送ってほしいと願ってしまうな。

ファイナルは2011年・・・?
君はいくつになるのかな、
その時も 厳しくて口うるさいヤツでいられるようにがんばるよ。

 

子供をもつ女性は、もっといろんな想いを日々感じているのかな・・・、
きっとそうなんだろう、
やっぱり母親は神聖だ!

・・・と、ちょっとだけヨコシマな心が萎縮した1日になりました。 




21 : 55 : 27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<夏に咲く | ホーム | Scent of a ・・・>>
コメント
--追体験--

ガキ…とありますがお嬢さんなのでしょうか。
子供と付き合うと、過去の自分を追体験できることがありますよね。親への感謝とともに。
ここ数年、「さるかに合戦」の絵本を読みたくて仕方ありません(笑)。
by: かん * 2009/07/21 22:25 * URL [ 編集] | page top↑
--可愛くてたまらない?--

ガキといっているけれども、可愛くてたまらないのでしょうね!

>実は自分が実践出来なかったことばかりの説教をたれているワタシ

今時、こういう大人は少ないです。
親から言われるよりも効き目ありそうです。

本当に、vesperさんは、面倒見が良くて愛情深い人なのですね。

by: SOL * 2009/07/22 17:25 * URL [ 編集] | page top↑
--かんさん ♪--

>親への感謝とともに。

とってもいいお母さんなんですねー。
「 さるかに合戦 」 を読んでもらったんですか?
絵本ていいですよね、
ワタシが子供の頃に毎日行ってた書店はあまり置いてなくって、
岩波少年文庫とか、あ、絵本じゃないですねー。
今や児童書のコーナーは百花繚乱、大人になってハマりました。

ワタシ、好きな絵本いろいろあるんですが、「 あたごの浦 」というのが好きなんです。
大道あやさん著、福音館、 相当ご高齢で大変な酒豪だということなんですが、
ホントにおおらかでなんとも!
あとは、ましませつこさんとか、ツヴェルガーとか・・・きりがないですね(笑)
by: vesper * 2009/07/24 22:05 * URL [ 編集] | page top↑
--SOLさん ♪--

> ガキといっているけれども、可愛くてたまらないのでしょうね!

親戚みたいなものですね、
一時一緒に生活していたこともあるし・・・、
あ、け、決してその子のお母さんとどうこうというワケではありませんよ!(汗!)
ただ、ウチがシェルターになっていたというか・・・。
子供だけを預かっていたこともあるし。
・・・小さかった頃は、もうクレイマー・クレイマー状態。
子育てがあーんなに大変だなんて知らなかった・・・!もう戦場ですね!
声がかれるほど絵本を読んでも寝なかったり、足が震えるほどの高熱をだしたり。
ワタシは世の中のお母さんを尊敬します。(笑)

でも、いなくなってホッとするかと思ったらそうでもなかったのは事実かも。
忘れていった洗濯物、ゴムの伸びたパンツ(母子共に、笑)や、痛んだ靴を見て切なくなった。
で、その次に会った時に下着を買って(母子共に)渡したら、一瞬ミョーな顔をお・・・!
・・・まるで変態・・・?(;一_一) あ~~~~!(気付くの遅すぎ)e-263 

それが今やナマイキになっちゃって、何かの祝いにmacが欲しいだの言ようになったので、
「 ワタシが欲しい!」と逆襲したりしています。
これからも思い切り尊大で、ゴーマンかましていこうと・・・!(笑)
by: vesper * 2009/07/24 22:51 * URL [ 編集] | page top↑
----

ハリーポッター私も観てきました、セント・オブ・ウーマンもいい映画ですよね。

小学生だった頃おじが突然「ベンジー」という名犬映画に連れて行ってくれました。その時の映画館の緞帳、匂い、駅の風景等が今でも思い出されます。

「ガキ」ちゃんも家庭を持った時にきっとvesperさんに一層感謝感激するはずです!

*先日、夏の暑い日に汗だくで現代美術館にメアリー・ブレアを観に行きました。かわいい!のつぼが一杯でしたよ。


by: サンクチュアリ * 2009/08/06 00:05 * URL [ 編集] | page top↑
--サンクチュアリさん ♪--

お返事が遅くなってしまってスミマセン!



>その時の映画館の緞帳、匂い、駅の風景等が今でも思い出されます。

緞帳、匂い・・・、サンクチュアリさんはとっても感性豊かなお子さんだったのですね。
今の子はどうなんだろう、
刺激の強い音や映像に慣れているから?
映画そのものすらあまり覚えていないような気がするのですがー・・・。

> *先日、夏の暑い日に汗だくで現代美術館にメアリー・ブレアを観に行きました。かわいい!のつぼが一杯でしたよ。

メアリー・ブレア展、まだ行っていません~~~。
HPをのぞいてみたのですが、本当に「カワイイのツボ」って表現がぴったりですね!
観に行くのが楽しみです!
by: vesper * 2009/08/22 21:41 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://vesper50.blog71.fc2.com/tb.php/74-97cda17e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。