スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
南天の実の赤
2009 / 12 / 02 ( Wed )

気がつけばもう師走。
今年も残すところあと数日・・・、え!?・・・数日ぅー・・・?
時の経過を感じるいとまもないこの慌しさ、去年はこんなに気忙しかったかな・・・。

この時期に新卒の就職内定率が6割程度、
高卒にいたってはなんと約3割というこの心まで寒くなるような厳しい社会、
自分で能率を上げるしかないとは言え・・・・・いっそがしいなあああーーもう!


で、見るコトができなかったんですよ・・・。
国立博物館、「 皇室の名宝展 」のⅠ期を・・・263

もう茫然自失・・・、待ちに待って、今年1番楽しみにしていた催しだったのに・・・(涙目)
Ⅱ期には かろうじて行きましたが、
平日の雨天にも拘わらずスッゴイ人・・・!
人の頭の隙間から、「 春日権現絵巻 」の鮮やかな色彩がチラリと見えたような気がする!
そして教科書でおなじみの聖徳太子像を見て、
やっぱり1万円札は聖徳太子が相応しいと思った!(ん?)




      091119_1430~0001      091119_1654~0001
        1期~~~!            ライトアッップもなかなか♪


     

天皇陛下御即位20年を記念して開かれたこの展覧会は、
皇室に伝わる御物をはじめ、宮内庁所蔵の諸作品のなかから特に名高い名品が選ばれて、
Ⅰ期は江戸時代から明治時代までの絵画と工芸品が中心、
Ⅱ期は古代から江戸時代までの考古、絵画、書跡、工芸品で構成されるという事でした。

Ⅰ期 はもうそりゃ全てですが、わけても83年ぶりに一堂に会するという
伊藤若冲の「 動植綵絵三十幅 」 は是が非でも見たかった・・・!
10年の歳月をかけて描かれた作品を年代順に展示ということで、
いろんな意味で興味深いだろうし・・・、
いや、そんなことよりもただただ圧巻であっただろうなーと、ホントに残念。




            s-4Jul2408.jpg



   

短期の展示にも拘らず、たしか11月25日には入場者が40万人を突破と聞いたので、
天候曜日に関係なく相当な人だったようです。
が、しかーし! その大半は年配の方。
ヒマとお金を持て余して、実にパワフル!
勝手な意見で申し訳ないけど、混雑が予想される催しは会期の半分でも3分の2でも
年代で入場者を分けてもらえないだろうかと思う。

混みあった会場で流れを促すスタッフの声には聞こえないフリ。
若い人のところを狙って強引に割り込んでは、「 なんだよ! 」と逆ギレしながら威嚇。
その元気ハツラツな傍若無人さにはいつも驚かされてばかり。

きっちり入場者数を制限するとか、
映画館のように時間予約制にするとか、
学校や仕事が終わってから行けるように、開館時間を延長するとか・・・。
ふと思いついたことをつらつら書いちゃったケド、いろいろ方法はあるんじゃないのかな?
また、バスやタクシーじゃないのにシルバーパスやシルバー割引ってどうなんだろう。
やっぱり学生にこそ広く門戸を開放すべきだと思う。
「 明日は病院にいく? それとも美術館にする? 」 ・・・そんな場所になっているというのに。

余談ですが、知人の親のJALの手厚い企業年金の額を聞いてアゼンとしました。
若い社員は再建に向けて
「 頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。」と、
手書きのメッセージを乗客に渡しながら涙をうかべて頭を下げていました。

また病に倒れた知人の息子は、週末は病院に付き添って泊り込み、
平日は家庭教師や単発のバイトで糊口をしのいで、
喘ぐように苦戦しながら それでも将来を摑もうと必死で勉強している。
因みに彼は、都内有数の進学校のまだ高校生。

”こども手当”で少子化がどうにかなるとは到底思えないんだけど・・・。



暦の上では もうじき大雪ですね、そして冬至。

みなさん、好きな人と温かいお鍋でもつついちゃったりして、
心身ともに暖まって お風邪など吹き飛ばしてくださいねー!
           
で・は・!


21 : 22 : 58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<約2000年前 | ホーム | 夜長>>
コメント
----

こんにちは。
美しいものを見たい!とは思うのだけど、美術館の混雑がどうしようもなく苦手です。おばちゃんたちの傍若無人なおしゃべりを聞きながら、人の頭と頭の隙間から細長く切り取られた“名画”を見てもなんだかなぁ・・・と思ってしまう。
やはり理想は、誰もいないシンと静まりかえった空間で、自分の好きな一枚と心ゆくまで対話ってやつですね(笑)。

でも年配の方々にとって、天候も関係なく、段差もなく、体力もさほどいらず、ほどほどのお値段で有意義な時間を過ごせる場所って、少ないのでしょうね。日本はおこちゃま社会だから。

by: panko * 2009/12/03 08:44 * URL [ 編集] | page top↑
--pankoさん ♪--

こんばんは pankoさん

そうですよねー、
やはり理想は、誰もいないシンと静まりかえった空間で、自分の好きな人と心ゆくまで・・・ってやつですね。

・・・あ、ちょっと間違えてしまいました~。わざとですが。 (^^ゞ

私もヤなんですよ・・・、人ごみは・・・(涙目)
もうね、だんだん殺気を帯びてくるじゃないですかー。
ボタンはちぎれて、靴は傷だらけ・・・(ーー;)
決死の覚悟で行ってます。
でもあそこまでの混雑は首都圏だけかもしれない。
たまに行くと、地方の美術館はゆったり観られるんですよー。
結構いい美術館で・・・、うらやましい~。
島根県の足立美術館なんてもう毎日いきたいくらいサイコーですよね!
ひろしま美術館も実にいい!(あそこゴッホの”ドービニーの庭”があるし!)
by: vesper * 2009/12/03 22:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

若沖、残念でしたね(2度観に行きました)。ここのところ人気ですから、またの機会がありますよ。しかし、すごぉぉぉぉい人でしたよ。
by: かん * 2009/12/04 20:09 * URL [ 編集] | page top↑
--かんさん ♪--

なんとか行きたかったんですけどねー(泣)
ほかの催しならまだしも、よりにもよって~~~!・・・ですよ・・・。
ちょっと立ち直れませんね、コレは・・・。
なんかもうヤケクソになって色んな美術展に行ったりしてるんですけど、
どれだけ行ったって埋められないし、代わりにはならないんですよねー。

・・・え?・・・
恋人の話じゃなくて美術展の話ですよ?
なんつてなんつて ♪
by: vesper * 2009/12/04 23:12 * URL [ 編集] | page top↑
--おっしゃるとおりです。--

どうも、こんにちは。
国立博物館、一度は行ってみたい場所のひとつですが・・人ごみは嫌ですね(汗)

私たちの世代ですでに「あなたたちは年金を貰うことは出来ません」と社会保障論の講義の中で言われています(苦笑)
福祉業界の中では「先の見えた高齢者よりも将来性のある子ども達にもっと力を入れるべきだ」という過激な発言もよく耳にします。
「福祉」や「医療」を選挙内だけの流行語に終わらせること無く、もっと身近なものとして向き合って貰いたいものです。
by: ウォルシンガム * 2009/12/08 11:27 * URL [ 編集] | page top↑
--ウォルシンガムさん ♪--

> 国立博物館、一度は行ってみたい場所のひとつですが・・

今度ご一緒しましょうねー。
手をつないで歩いてくれなきゃイヤですよー。
(・・・と、チョーシにのってボコボコにされそう~ 笑 )

> 私たちの世代ですでに「あなたたちは年金を貰うことは出来ません」と社会保障論の講義の中で言われています

ウォルさんムツカシイ講義受けてたのねー。
なんか未来に夢の持てるようなコトってないかなー、例えば”ビアン系シルバーホーム”とか・・・。
介護士さんもいろんなタイプがいたりして、ボーイッシュ系にフェミニン系・・・
あ、でも刃傷沙汰が起きそうねー(笑)
by: vesper * 2009/12/13 00:31 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://vesper50.blog71.fc2.com/tb.php/84-e0ae8157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。