スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
今年初めて!
2010 / 03 / 18 ( Thu )


会期終了が迫っている催しです。

「 没後400年、長谷川等伯展 」 ( 国立博物館、平成館 )


           長谷川等伯展


東京は25日間、京都は27日間の超短期開催展です。

日本美術史上、水墨画の最高峰と称賛される「 松林図屏風 」、
京都・智積院所蔵の「 楓図壁貼付 」
「 松に秋草図屏風 」を合わせた国宝3件、
重要文化財27件を含む73件の作品を一堂に集めた大回顧展だそうです。



  楓図壁貼付、長谷川等伯
 

無知をさらして恥ずかしい話ですが、
長谷川等伯と言えば切手で有名な水墨画の「 松林図屏風 」か
同じく水墨画の「 達磨図 」くらいしか知らなかったので
勝手に地味で枯れたようなイメージしか持っていなかったのですが、
これがとーんでもない勘違い!
年代順にしつらえてある展示会場を進むにつれ、
時代を駆け抜けた等伯の鮮やかな躍動感や、
思わぬ人間臭さに圧倒されて、すっかり印象をあらためました~。(^^ゞ

一介の地方絵師だった等伯が30歳を過ぎて上洛し、身を起こし、
今をときめく狩野永徳率いるクリエイター集団を向こうにまわして、
51歳で、室町時代から続く狩野一門の牙城大徳寺に切り込むように
千利休の寄進による金毛閣の天井画などを手がけ、
一気に時代に躍り出るあたり、とてもエキサイティングで思わず胸躍りました。

2008年の夏に、同じ平成館で催された
「 対決! 巨匠たちの日本美術 」で
今回も展示される「 松林図屏風 」と、狩野永徳の「 檜図屏風 」を見ましたが、
実際の対決が本当に壮絶なものであったことを今回初めて知り、驚きです。
( しかし、あの企画は面白かった! )

決して早くない上洛、スタート、
謎の・・・、きっと雌伏の40代、
大徳寺に踊る龍の迫力そのままに天井を突き破って昇るような勢いの50代。
豊臣から徳川へ、長谷川一門の命運をかけて時代と共に江戸へ、
そして江戸到着の2日後、72歳での逝去。
高齢をおしての下向、旅は過酷なものではなかったでしょうか。
絵を描くということは、
絵を描くということだけでなく、
政治的な動きに長けるということも必要な条件なのかもしれないと
改めて思いながら少し胸が痛みました。




  松林図屏風、長谷川等伯

 

最後を飾る「 松林図屏風 」、この1点だけを展示する空間でした。
工夫を凝らした照明に幻想的に浮かび上がる傑作。
絢爛な桃山文化の中にあって、墨だけで描かれた靄にけむった松林、
抒情的で幽玄で。
どのような思いで描かれたものかは不明だということですが、
等伯は、この頃期待をかけた長男を亡くしているそうです。

33歳で上洛してから世に出るまでの20年近くも謎のまま。
けれど、不思議と市井の人と交わりながらの生き生きとした姿が
目の前に浮かんでくるようでした。

ふいに作家の松本清張氏を思い出しました。
40歳を過ぎてから世に出たという共通点で重ねたいワケではなくて、
氏の晩年ちかくの作品、「 草の径 」を思い出したのです。
その読了後と似た何ともいえない胸に残る感じ。
誰も届かない境地に行ってしまった人の手の先からこぼれた作品を目にした至福、 寂しさ。

興奮さめやらぬまま退場した展示会場を振り返り、
これが展覧会の醍醐味だと、
「この時」に出会えた幸せをかみしめずにはいられない。

 

22日までです。
20日(土)からの3日連休の最終日、
また、春休みも重なって相当な人出になること必至です。
上野の桜もちらほら咲く頃でしょうか。
行かれる方が、どうか作品を堪能できますように!(^v^)

東京展の公式HPは   ⇒       コチラ 

 

京都では4月10日からの開催だそうです。

京都展の公式HPは   ⇒   コチラ 

 

・・・ところで、
・・・ワタシ、なんと美術展は今年初めてなんですよねー・・・。
え? 今3月? 
ウッソー! しかももう下旬にさしかかって・・・?
ふーん・・・1年の4分の1がもうじき終わるワケね・・・。(ーー;)

ぶっちゃけ こーんなバタバタした生活、どーでもいいなーもう!!

ゆ と り が 欲 し い!     ・・・と思うこの頃です!


< 追記 >

 東京展での開館時間が延長になりまーす ♪

※19日(金)~22日(月・祝)最終日まで    夜 20:00まで ( 入館は19:30まで )


21 : 22 : 22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<18室では | ホーム | 春宵>>
コメント
----

vesperさん、こんにちは。
私も「今年は月に一度美術展に行く」なんて雄叫んだものの、10日ほど前に初めて行きました(汗)。
いただいた招待券だったので、さほど興味があるものではなかったのですが(現代彫刻の分野)、脱日常のスイッチが入り、やはりこういう時間は必要だなーと思いました。

もう2010年の1/4が終わるんですね。。オソロシやー。
by: panko * 2010/03/20 11:59 * URL [ 編集] | page top↑
--pankoさん ♪--

pankoさん、こんばんは。

ホントですね、オソロシやー!
あっと言う間ですねー(涙)

そうですよねー、バタバタしてなかなか行けないし~・・・。
なんだかんだでいっそがしー!

脱日常のスイッチ・・・入っちゃいましたか!(^v^)

実はワタシも今日そのスイッチ入れようと思って六本木に行ったんですよー。
国立新美術館の「ルノアール展」を見に・・・。
でもスッゴイ人で・・・、諦めました。
やっぱ無謀ではあったんですよー、連休ですしね。
どこもかしこも人人人!
でー、帰りにゴハン食べようと思ったら、どこもいっぱいで入れない!
もうおなかペコペコになって、結局駅のホームのおソバ屋さんで食べて帰りました。
これはないよな・・・と思いながら、おいしかった!(笑)
ゴキゲンで帰りました♪
何のスイッチ入れちゃったのか・・・。
by: vesper * 2010/03/20 20:46 * URL [ 編集] | page top↑
--この連休は???--

等伯展は平日の日中でも混みこみで土日はすごい状況と聞いていたので、先週12日(金)の夜7時過ぎにいきました。………甘かった……というほどの混みこみこみでしたっ(泣)。
by: * 2010/03/20 22:39 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: この連休は???--

お名前がないのですが、ひょっとしてかんさんじゃないでしょうか~(笑)

そりゃ大変でしたねー、お疲れ様ですっ。
この連休中は入場規制になるのかな?

え?この連休???
・・・
デ、デートに決まっとる!・・・と言えないのがカナシイ!(泣)
by: vesper * 2010/03/20 22:53 * URL [ 編集] | page top↑
--そのとおり(照)--

名前を入れ忘れましたが…ビンゴ。かん助です。
by: かん * 2010/03/22 00:38 * URL [ 編集] | page top↑
--かんさん ♪--

やっぱり!

・・・なぜ分かるの? ワタシ・・・
by: vesper * 2010/03/25 22:13 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://vesper50.blog71.fc2.com/tb.php/96-90165ad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。