蝉時雨
2013 / 08 / 11 ( Sun )
 
            夏の小道2 


   


蝉時雨、
多くの蝉の鳴き声を時雨の降る音に見立てる、涼さえ感じる季語。
虫の声をただのノイズととらえない日本人の感性は、美しいなと思います。

それにしてもセミはカワイイ
時々道端で、ひっくり返ってジタバタしてますよねー(笑)
飛ぶのが下手で、ちょっと不器用なつぶらな瞳。
7年間も土の中にいて、羽化してわずか一週間たらずの命。
どうか精一杯生を謳歌し、
命を全うして欲しいなと願わずにはいられません。


木々を見上げてそんなことを思いながら、八月、
まさにノイズのように不快な中韓関連の報道が続いています。
ナゼ不快なのか、
それは日本は独立国家であり、中韓の属国ではないからです。


ふと思い出すのはこんなこと。
昔ナニゲに韓国ドラマの時代劇を見ていて、
敵将の生首を、多くの人が往来する道に埋めるという場面に遭遇し
心底驚いたことがありました。
死後もずっと多くの人に頭部を踏みつけさせるというその所業に、
とても相容れないものを感じ、
民族の違いを強く実感した覚えがあります。


「近くて遠い国」、という表現がありましたが、「遠くて結構な国」 というのが正直なところ。
顔面も歴史も捏造し、
なりきりモードON、被害者意識全開で
なりふり構わず喚き散らすそのエネルギーを、
ナゼ劣等感を払拭する方向へ向けないのだろうと、不思議に思うこの頃です。


沈黙は金、雄弁は銀、ということわざの意は、
時代により金と銀の価値が入れ替わったこともあり諸説あるようですが、
謙譲や沈黙の美徳は日本国内限定版として、
この際とにかく、諸外国では 「 雄弁は銀 」であることが必要ですね!


8/3付の産経新聞で、米グレンデール市の慰安婦像設置をめぐる問題で
日系人の反対意見が大きく報道され、
近くのブエナパーク市議会では審議が設置反対に傾いたと知りました。
まさにタイトル通り 「沈黙は後退あるのみ」
発信することが必要です。


下記はやはり産経新聞に数ヶ月前に掲載された、
記事全文です。
やるじゃん!公使!
ちょっと希望を持ちましたワタシ(笑)



【反日に「Cool」な反論 ( 佐々木 類 )】

東京・外神田の神田明神や上野恩賜講演の西郷隆盛の銅像、
アニメ映画「千と千尋の神隠し」。
いずれも中国や韓国による歴史認識をめぐる「反日宣伝戦」への新たな反論材料だ。

在ワシント日本大使館の公使が13日、
ワシントン市内で中国や香港などアジア系メディアに対し、
歴史認識や尖閣諸島(沖縄県石垣市)についてスライドを交え説明した。
靖国神社参拝をめぐる日本人の精神的背景や、
八百万の神が集まる湯屋を懸命に掃除するアニメの主人公。
神社がいかに日本人の日常生活に根ざしているか、
日本人が世界に誇るポップカルチャーを生かした講演だった。

神田明神には朝廷に弓を引いた平将門がまつられている。
西郷隆盛は西南戦争で逆賊となったが、名誉回復した。
政敵の墓を暴く大陸文化とは違う、日本人の精神文化が紹介された。

東京裁判によるA級戦犯が「平和に対する罪」という遡及法(事後法)で裁かれた事実。
日清戦争後の下関条約で(日本固有の領土のため)尖閣諸島が取引材料にならなかった事実。
反日キャンペーンに、短時間で的確に反論していた。
公使からの逆質問に中国、韓国の記者は黙り込んだ。
「日本の印象がかなり変わった。」会合後、香港の記者がつぶやていた。



こういう記事をもっと多くのマスコミが取り上げて、広く周知して欲しいと思うのですけどねー。





P1000351.jpg




今日は山梨と高知で最高気温が40℃を超えたとか・・・。

この尋常でない暑さで、日用品など色んなものが劣化しているのに最近気がつきました。
人間がこたえないワケないですよねー。


体力に自信のある方も、どうぞご自愛くださいね。





ではまた ♪



23 : 19 : 29 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
A Mon Seul Désir
2013 / 07 / 06 ( Sat )

六本木、国立新美術館、
フランス国立クリュニー中世美術館の 《貴婦人と一角獣》 展に行ってきました。
本作がフランス国外に貸し出されたのは過去にただ一度だけ、
1974年アメリカのメトロポリタン美術館にだそうです。

所蔵する中世美術館のリニューアル中の貸し出しとは言え、
日本という国の信用度の高さを改めて実感しましたねー。
かの国やあの国に、フランスはかようなデリケートな美術品を貸し出すでしょうか?
つくづく日本に生まれて良かった・・・!


また展示の仕方が素晴らしかった。
あの広さ 、空間、 間合い、
赤が映える濃紺の壁に絶妙な照明。
今回ワタクシ、
器の国立新美術館の存在価値を改めて実感・・・!ってマジ思いましたもん。


タピスリーは、想像以上、期待以上に美しかったですねー。
できるだけ大きく画像をアップしたいと思います~。



  貴婦人と一角獣 嗅覚
                    (嗅覚)


西暦1500年頃の制作とされる6面からなる連作タピスリーで、
目にも鮮やかな大作のうち5面はそれぞれ 「触覚」 「味覚」 「嗅覚」 「聴覚」 「視覚」 と
人間の五感を表わしているそうです。




貴婦人と一角獣 味覚
                           (味覚)



残る1面の 「我が唯一の望み」 が何を意味するかについては、諸説あり、
いまだ謎に包まれているということですが・・・




貴婦人と一角獣 我が唯一の望み
                      (我が唯一の望み) 

 
 
中央の 「我が唯一つの望み」 (A Mon Seul Désir) と書かれた青色のテントを前に、
貴婦人は、身に着けていたネックレスを外し、
侍女が差し出した小箱にそのネックレスを納めようとしているのか、
または身につけようとしているのか・・・。

この一枚はさまざまな解釈を生み、
五感の後に来る 「理解すること」 という六番目の感覚を指し、
愛や心、第六感、または結婚を示しているという解釈もあるということです。



ムズいことはよく分かりませんが、
ネックレスを着けようとしているのか、外そうとしているのか・・・、
女性の所作は、どうしてこんなにいつも心をときめかせるんでしょうねーーー♪
なんとも艶っぽくてイイ感じー♪♪♪

世の中に女性が存在するだけで、こんなに美しい作品が生まれるんですね 、
わかります、そのキモチ・・・! 
そうです、獰猛とされる一角獣ですら、女性には従順になるのです(笑)





ミッドタウンではこんな催しも開催されていました。
五輪招致のロゴをキャンドルで ♪♪♪
           
            


 P1000321.jpg 

ちょっと分かりづらいですが、↓↓↓ このロゴでーす。(このロゴキレイですよね)

        五輪招致ロゴ
 
2020年、東京開催を願いながら・・・

        P1000328.jpg 
 



ロマンティックな気分を満喫しました~。


東京も梅雨明け、明日は七夕、
織姫と牽牛が天の川で会えますように・・・

これから暑くなりますね、
どうぞ体調にお気をつけて、夏を乗り切ってくださいね。




「貴婦人と一角獣展」 は、六本木の国立新美術館で7月15日(月・祝)まで
大阪の国立国際美術館では、7月27日(土)より10月20日(日)まで開催とのコトです ♪




18 : 34 : 17 | 未分類 | コメント(4) | page top↑
風薫る五月
2013 / 05 / 03 ( Fri )
P1000243.jpg 


少しひんやりした気候が心地良いGW、
皆様は楽しんでいらっしゃるでしょうか?


あわただしく過ごしているうち、
あっという間に1年の3分の1が過ぎてしまった・・・!
え?・・・もう? (+_+;)


普段から何も変わらないじゃないか・・・というツッコミは置いておいて、
とりあえず!
アタマもココロもからっぽにして、
久々に休日らしい休日を過ごしています~。


GW後半、
皆様どうぞ良い時間をお過ごしくださいね ♪♪♪



        P1000250.jpg


23 : 05 : 21 | 未分類 | コメント(4) | page top↑
魔法を見ていた夜
2013 / 03 / 20 ( Wed )


     P1000185.jpg 


                   冬木立に あっという間に花が咲く。
                   まるで魔法のようだと毎年思う。
                   君に似ている。



                   誕生日おめでとう

                   穏やかでしあわせな1日を





13 : 41 : 54 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
謹賀新年
2013 / 01 / 07 ( Mon )
明けまして おめでとうございます (ちょっと遅いけど(^^ゞ)


新しい年を迎え、

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます



今年は巳年、

街でこんなキレイな巳様を見かけました。


     P1000089.jpg



アップの表情もなかなか・・・


     P1000087.jpg





本年もどうぞよろしくお願いします♪♪♪


23 : 55 : 52 | 未分類 | コメント(4) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ